1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

またかよ助成金トラブル。オンライン不具合に色んな声も

新型コロナウイルスの影響で企業も心配です。せっかくの雇用調整助成金オンライン申請にトラブル。どうなるの…。

更新日: 2020年05月21日

7 お気に入り 6537 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎世界で新型肺炎コロナウイルスが拡大している

▼自粛による経済活動停止。倒産も始まっています

5月13日午前11時までに判明した「新型コロナウイルス」関連の経営破たんは、全国で141件

休業協力金や支援金、緊急融資、雇用調整助成金が早く手元に届かないと息切れが迫っている。

▼そんな中、雇用を維持する為「雇用調整助成金」オンライン申請がスタート

▼「雇用調整助成金」とはどんな…15000円引き上げられた

新型コロナウィルス感染症の影響を受ける事業主を支援する

労働者に対して一時的に休業等を行い、労働者の雇用の維持を図った場合、労働者が従業員に支払った休業手当等の一部(一定の要件を満たす場合は全部)が国によって助成される制度

▼しかしシステムの不具合が発生。

厚生労働省は受け付けを中止しています。復旧のめどは立っていないということです。

申請を試みた人が他人の個人情報を一時的に閲覧できたケースが複数あったと明らかにした。

雇用調整助成金オンライン受付システムは、運用開始を延期、そして運用停止だそう…

▼国民への給付金10万円オンライン申請もトラブル続発。

迅速な給付が可能になるとしている「オンライン申請」をめぐって二重申請や入力の誤りが相次ぎ、各自治体で確認作業に大きな負担が生じる事態が起きています。

自治体側はそのつど、内容に誤りや重複がないか確認しなければなりません。(自動ではない)

▼なんだかオンラインの意味がない…そんな声もあります

内閣府は「マイナポータルはあくまで自治体と利用者をつなぐ導管の役割で、国は個人情報を管理していないため入力内容が正しいかどうかをシステム上で判断することは出来ない。

1 2