1. まとめトップ

特に女性がバランス崩をしやすい!自律神経って結局...なんだっけ!?

8.自律神経ってよく耳にするので、わかってた気になっていたけど、いざ、説明しようとするとよくわからなくなってきたので、スッキリ理解できないかまとめてみました。

更新日: 2020年05月21日

3 お気に入り 1442 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

choco331さん

人間の神経は動物性機能と植物性機能タイプの2タイプがある!

感覚器や骨格筋などに分布し、随意運動のような動物性機能に関与する体性神経系に対し、不随意筋の運動や腺の分泌など植物性機能に関わるものを自律神経系といいます。

自律神経系って??自律神経=交感神経+副交感神経!

自律神経は一言でいうと、内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経です。
自律神経は、すべての内臓、全身の血管や分泌腺を支配しています。

私たちの意思とは関係なく独立して働いているので、内臓や血管を私たちの意思で自由に動かす事は出来ません。

反対に、意識しなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりするのは、自律神経があるから

自律神経には、交感神経(起きている時の神経・緊張している時の神経)と副交感神経(寝ている時の神経・リラックスしている時の神経)があります。
この二つは、一つの器官に対して互いに相反する働きをしています。

因みに、動物性神経系は脳脊髄神経系といわれる

脳脊髄神経系
自律神経とは異なった脳・脊髄にある神経細胞と神経線維
手足を動かしたり、痛みを感じたりします。主に自分の意思でコントロールできます。

交感神経と副交感神経のバランス!

交感神経は活動時に働き、副交感神経は休息時に働きます。例えば、心臓で交感神経が優位に働くと心拍数が増加しアクティブになり、副交感神経が優位に働くと心拍数が少なくなりリラックスします。

この2つの神経がバランスよく働くことで、私たちの心とカラダが健やかに保たれています。

自律神経が乱れるとどうなるの?バランスが崩れると・・・

あらゆる器官に関係している自律神経がバランスを崩すと、さまざまな症状が出ます。傾向としては交感神経が優位になりすぎた時に不調を感じる人がより多いです。

心拍数が上がり動悸(どうき)を感じたり、胃腸の活動が低下し吐き気を感じたり、手汗やワキ汗が止まらなかったり、血管が収縮して血圧も上昇します。

めまいや頭痛、全身倦怠感、朝起きられないなどを訴える患者さんも多く、内科や耳鼻科、脳神経外科などで検査をしても「異常なし」と診断

特定の原因が見当たらず不調が続くと「自律神経失調症」と診断されるケースはよくあります。

自律神経の乱れの原因

自律神経は外部環境に左右されやすく、最大の原因はストレスです。

ストレスは仕事や人間関係といった精神的なもの

気圧や気温の変化もカラダにとってはストレスです。

「姿勢の悪さ」も自律神経を乱す一因

姿勢の悪さも深刻なストレスです。クリニックに来る患者さんの多くが姿勢に問題があります。

自律神経は脳から脊髄を通って全身へ信号を送り出すため、姿勢が悪く背骨が歪んでいると、自律神経が乱れる原因になります。

長時間のスマホ作業やパソコン仕事などが多い現代人は姿勢が崩れやすいので要注意です。

1 2