1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

豪華追加キャストで堤真一×石田ゆり子『望み』が楽しみ

雫井脩介のミステリー小説を『八日目の蝉』の奥寺佐渡子が脚本化し、堤真一と石田ゆり子が共演する映画『望み』(堤幸彦監督)。豪華追加キャストが発表され、ブレイク中の岡田健史&清原果耶が兄妹役、堤監督と再タッグの松田翔太や竜雷太らがキャスティングされた。

更新日: 2020年06月04日

6 お気に入り 7762 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆堤真一と石田ゆり子が共演する映画『望み』

堤真一×石田ゆり子 小説『望み』 堤幸彦監督で20年秋映画化、“家族”の感情が渦巻く心理サスペンス - fashion-press.net/news/58821 pic.twitter.com/CBesHhIF2w

「SPEC」「TRICK」シリーズ堤幸彦監督が、堤真一と石田ゆり子を迎えた映画『望み』の公開が決定。

◆雫井脩介の同名小説を『八日目の蝉』の奥寺佐渡子が脚本化

原作は、映像化もされた「クローズド・ノート」「検察側の罪人」で知られる雫井脩介の同名小説。

高級邸宅で暮らす石川家の長男で、行方をくらましてしまった高校生の規士(ただし)がある殺人事件との関与を疑われたことから、家族それぞれの“望み”が交錯していくさまが描かれる。

◆脚本からセットまでこだわり抜いた堤監督

映画版『八日目の蝉』(2011)

奥寺佐渡子の最優秀脚本賞含め、第35回日本アカデミー賞では10冠を獲得

堤監督は映画化を熱望し、主要登場人物のキャスティングと脚本作りに4年の歳月をかけたようだ。

特にこだわり抜いたのは、一登が手掛けた自慢の邸宅。1Fに8坪ほどの事務所が併設され、建坪40坪程の広く開放的な石川邸を再現するべく、角川大映スタジオに大規模なセットが組まれた。

原作では架空の町が舞台となっているが、堤監督はのどかながらもどこか寂しさ漂う郊外のベッドタウンをイメージし、石川邸の外観は3か月かけて20件以上の物件を巡り、東京都青梅市に理想のロケーションを発見。

◆ついに豪華追加キャストが解禁 兄妹役に岡田健史&清原果耶

愛する息子は殺人犯か、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    それとも被害者か。     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ #堤真一 × #石田ゆり子  監督:#堤幸彦 「#検察側の罪人」の #雫井脩介 による累計発行部数 15万部超えるベストセラー小説が満を持して映画化。 映画『#望み』10月公開 #映画望み pic.twitter.com/70xzH4EL6n

石川家の高校生の長男・規士役には、ドラマ「中学聖日記」でデビュー以降、CM・ドラマに活躍、今年は4本の映画出演を予定している大ブレイク中の岡田健史。殺人犯か被害者か、究極の運命を左右する重要な役どころを演じている。

長女・雅役を演じるのは、第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎新人賞、2020年エランドール賞新人賞を受賞し、その演技力で映画やドラマ界から熱い注目を集める清原果耶。兄を家族として心配しながらも、将来への不安で押しつぶされそうになる妹を演じ。

◆堤監督と再タッグの松田翔太や竜雷太らが脇を固める

石川家の家族と、一家を取り巻く重要人物を演じた個性豊かなキャスト陣も一挙解禁 長男・石川規士役 #岡田健史 長女・石川雅役 #清原果耶 独自の取材を進める記者・内藤役 #松田翔太 事件を捜査する刑事・寺沼役 #加藤雅也 貴代美の母・扶美子役 #市毛良枝 一登の取引先社長・高山役 #竜雷太 pic.twitter.com/7rgHuYXkxo

事件の真相を暴くため石川家に巧みに入り込み独自の取材を進める記者・内藤役を、堤監督とは映画『イニシエーション・ラブ』でタッグを組んだ松田翔太が演じる。

そのほか、事件を捜査する刑事・寺沼役に加藤雅也、貴代美(石田ゆり子)の母・扶美子役に市毛良枝。

そして、一登(堤真一)の取引先である建設会社の社長・高山役に堤監督作品ではお馴染みの竜雷太が出演。若手実力派からベテラン個性派俳優まで幅広い豪華キャスト陣による、刺激的でサスペンスフルな演技合戦に期待が高まる。

◆岡田&清原のコメントも届いた

〔ちょい見せトーチュウ〕15面 岡田健史が描く 究極の家族愛! 雫井脩介さん原作の映画「望み」10月公開。 #岡田健史 #望み pic.twitter.com/rq3nkxficz

「規士を演じた僕が現時点で語れることはかなり限られています。愛とは、親子とは、人とは、いろんな事を考えさせられる作品です。」

岡田のコメント

「たとえ、親子であっても子供は親の所有物ではない。人は孤独でしかない。その中で互いを愛し、愛され合うという儚さ、愛おしさを感じて頂けたら幸いです。」

岡田のコメント

「自分がどう生きていけるか、今この状況をどう切り抜けるか。私が演じたのは本能的にそれをやってのける女の子です。それがこの家族の中で生きている彼女なりの選択、だと考えれば共感も出来て受け止める事が出来ました。」

清原のコメント

1 2