1. まとめトップ
  2. レシピ

この記事は私がまとめました

kazooneさん

■セレブな食生活もたびたび話題になる神田うの

20日には自分で作った和食の朝食を披露し、その品数の多さに、まるでどこかの料亭の朝食のような豪華さが反響を呼んだ。

・YouTubeチャンネルを開設!神田うのらしい手際の良さで子供向けの料理も披露

1本目の動画では、「子どもが嫌いなものを克服させる」というテーマで、娘が嫌いだというナスをいれてハンバーグづくり。

ハンバーグといえば、野菜をみじん切りにたり加熱しなければならないが、「文明の利器をいっぱい使います」と前置きし、バーミックスやシリコンスチーマーを使いこなし、彼女らしく手際の良さを見せた。

コメント欄には「うのちゃんらしい」「ハイテクだ!!笑」と合理的な手際の良さを称賛する声が目立っていた。

・神田うのがインスタに載せたサバの水煮缶で作った焼きうどんが美味しかった!

インスタグラムにて、紹介したある日のランチでは、うどんが好きな娘さんに野菜を一杯食べさせようと、サバの水煮缶と野菜をたくさん入れた焼きうどんを公開した。

なので、神田うのちゃんのインスタからサバ缶焼きうどん。おいしい! 新たなサバ缶の世界がひろがる。 pic.twitter.com/sJpfXeLyw4

うちにサバ缶あるけど、何作ろう?と思って検索してたら、神田うのさんのインスタにある焼きうどんが美味しそうで、作ってみたら、めっちゃ美味❣️ 是非おすすめ YouTubeの、うのちゃんネル@unokandaofficialの、グラノーラも美味しそう✨ #unokandaofficial #鯖缶 pic.twitter.com/td9gS8ehXK

昨晩、神田うののインスタで鯖缶を使った焼きうどんを見て「鯖かあ…焼きうどんで合うのかな…ふーん」くらいに否定的だったのに今昼ごはん作ろうとして冷凍うどんと鯖缶見てすぐに作ろうとしてる自分にびっくりした刷り込まれてる!!

■調理師免許を持ってるほど料理好きなTOKIOの松岡昌宏

ジャニーズにも料理が趣味というタレントは多いが、調理師免許も持っており、子どもの頃から自炊が当たり前だというのはTOKIOの松岡昌宏。

母子家庭で育ったということもあり、料理を始めたのはなんと3歳のころで、小学生になると自分とお母さんの分の弁当を作っていたという。

北海道出身なため、地元の漁師直伝の魚のさばき方はプロ級で、嵐の大野が釣り上げたマグロをきれいに解体したこともある。

・松岡が作ったバタまご丼がシンプルにおいしそう

ジャニーズ事務所の公式YouTubeチャンネルに松岡が登場。「Smile Up! Project ~バタまご丼作ってみた~ 松岡昌宏」という動画が公開された。

子どもから大人まで人気あるといえばTKG、たまごかけご飯。たまごかけご飯だけだと飽きるというのもあって、たまご丼を作りたいと思います」と料理をスタート。

松岡は「冷蔵庫に残っている葉物でもきのこでもお肉でも、なんでも入れてもらって構わないと思います」と、バター、たまご、玉ねぎなどを使った“バタまご丼”の作り方を紹介した。

玉ねぎたくさんあるから私は松岡くんの紹介してたバタまご丼作った☺️ #SmileUpProject pic.twitter.com/TfPq7gAPnA

TOKIO松岡さんが作り方紹介していた「バタまご丼」を妻と娘に作ってみました! めっちゃ好評で良かったです! 簡単なので是非(^-^) pic.twitter.com/52QLVot3R3

松岡くんが作ってた「バタまご丼」 バターとたまごが合ってやみつきになる味!! #SmileUpPrject pic.twitter.com/45hOukS4Uw

■女優らしからぬユーチューバーっぷりが大好評の仲里依紗

1 2