「チキンティッカ」は、食べやすい大きさにしたものです。
「タンドリーチキン」は、骨つきのまま焼き上げたものです。

どちらもインドやパキスタンを中心に食べられている料理で、味付けや調理道具はどちらも同じですが、大きさが異なっています。

出典知って納得!「チキンティッカ」と「タンドリーチキン」の違い | スッキリ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

切ってあるかどうかで料理名が変わる「チキンティッカ」と「タンドリーチキン」

「ティッカ」はウルドゥー語で「切り身」を意味します。英語の “piece” に近いニュアンスです。チキンティッカは骨がついていなかったり、串に刺して焼かれていることが多いですが、骨や串の有無は本質的な違いではありません

このまとめを見る