1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼このところ定年延長で注目を集めていた黒川弘務東京高検検事長

▼半年間の定年延長により検事総長への就任の可能性が高まっていた

▼注目を集めていた黒川弘務東京高検検事長にまさかの文春砲が炸裂 定年延長からの一転辞職へ

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下に、新聞記者らと賭けマージャンをした東京高検の黒川弘務検事長(63)が21日、安倍晋三首相宛てに辞表を提出した。

黒川氏は緊急事態宣言で外出自粛要請が出ていた今月1日午後7時半ごろ、産経新聞の男性記者の自宅を訪れ、この記者と同社の別の男性記者、朝日新聞の男性社員の計4人で翌日未明までマージャンをし、13日にも同じ場所で産経新聞記者らとマージャンをしたとされる。週刊文春が20日にウェブサイトで伝えた。

法務・検察当局の調査を受けた黒川氏は訓告処分となり、「行動は緊張感に欠け、軽率に過ぎるものであり、猛省しています」とのコメントを出した。

▼黒川弘務東京高検検事長にまさかの文春砲・・・・・・これはひどい

明日発売の「週刊文春」。国家公務員倫理審査会を所管する人事院と元検事総長など14人の意見書をまとめた元最高検検事の清水勇男さんのコメントが重い。黒川弘務東京高検検事長への直撃取材の映像は、おそらく16時過ぎに「週刊文春」から公表されるでしょう。 pic.twitter.com/7HUFMcQvOH

▼週刊文春に産経新聞関係者からリークがあった

21日(木)発売の週刊文春は、冒頭部分で「『今度の金曜日に、いつもの面子で黒川氏が賭けマージャンをする』」「こんな情報が、産経新聞関係者から小誌にもたらされたのは4月下旬のことだった。『今度の金曜日』とは5月1日を指していた」と書いている。

 さらに賭けマージャンの場所をAという産経新聞社会部記者の自宅マンションと特定するなど、「産経新聞関係者」が詳細な情報を週刊文春に提供したような書き方をしている。

▼黒川検事長に関しては辞表を提出しようが"懲戒免職"が妥当との意見も

安倍晋三から定年延長の話を持ちかけられた時、断わって規定通りに2月で定年退職してたら数千万円の退職金が貰えたのに、安倍の口車に乗ったため懲戒免職になり退職金を棒に振った…という前例を作れば官僚も安倍に利用されなくなる。そのためにも黒川を懲戒免職に! #黒川検事長の懲戒免職を求めます

ちょっと待て! 黒川氏は辞表提出ではなく懲戒免職か、検察官適格審査会にかけての罷免だろ。 それと責任が問われるのは稲田検事総長よりも安倍首相や森法相の方。 #黒川検事長を検察官適格審査会にかけて罷免すべき #黒川検事長の懲戒免職を求めます #稲田検事総長を守ろう headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-…

こういう展開を期待する。 ①黒川を懲戒免職。退職金ゼロ。 ②ぶちきれた黒川が安倍内閣の内情暴露 ③安倍内閣総辞職 #辞めるなら今だぞ安倍晋三 114,030件のツイート #稲田検事総長を守ろう 112,992件のツイート

こういう展開を期待する。
①黒川を懲戒免職。退職金ゼロ。
②ぶちきれた黒川が安倍内閣の内情暴露
③安倍内閣総辞職

#辞めるなら今だぞ安倍晋三
114,030件のツイート

#稲田検事総長を守ろう
112,992件のツイート

▼緊急事態宣言で外出自粛要請が出ていた5月1日に3密状態で賭けマージャン・・・・法の番人が聞いて呆れる  ネット民の反応

法の番人が賭け麻雀をやっちゃいかんでしょ

前代未聞、こんなんが平然と推定無罪とか言うな

1 2