1. まとめトップ

雇用される能力とは|エンプロイアビリティを高めるヒントも

雇用される能力がどうの、エンプロイアビリティがどうの、という話を小耳にはさむことがあります。このあたりでしっかり理解しておきましょう。エンプロイアビリティを高めるヒントもあります。

更新日: 2020年05月22日

2 お気に入り 1033 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

雇用される能力についてまとめます。

fwriterさん

▼ エンプロイアビリティとは?

能力評価、能力開発目標の基準となる実践的な就業能力を指します

具体的には、技術や技能などの職業能力ばかりでなく、パーソナリティや健康・体力などを含めた、幅広い総合的な能力を指して言いま

「職場に採用されるための能力」の他にも「継続して雇用される能力」や「環境の変化に合わせて異動・転職が出来る能力」という意味

日本経団連は、「エンプロイアビリティ」を雇用されうる能力とした。また、雇用されうる能力=「労働移動を可能にする能力」+「当該企業の中で発揮され、継続的に雇用されることを可能にする能力」と定義した。

▼ なぜ「雇用される能力」が必要なのか

終身雇用制の崩壊などで自身の地位の安泰も厳しくなっている

従業員は常に自身の能力を高めておいて、異動や転職などといった環境の変化にもスムーズに適応できる必要性が高まってきていること

外部労働市場で通用する市場価値を日々に磨いていない管理職は今現在の雇用先から駆逐されていく可能性が高くなっている。日本の雇

ドラッカー、マネジメントより 「その組織は何をなすべきか?機能は何か?」→組織は目的ではなく手段。労働組合は、組合員生活と地位の維持向上。そのために何をすべきか。 コロナの状況下では雇用の維持。エンプロイアビリティを高めるのもひとつ

▼ 雇用される能力を高めると

将来(あなたが)転職しなくてはならなくなったとき、高いエンプロイアビリティを身に付けておくことで、転職先に困ることはなくな

▼ 雇用される能力とは

(2)コミュニケーション能力(プレゼンテーションスキル、傾聴スキル、概念化スキルなど)(3)対人関係構築能力(多様性に対す

▼ 雇用される能力を高める方法は

座学だけでは身につけがたいものを、実際の仕事を通して、スキルとして習得していくことが大切です。日常の中で、今、鍛えられる専

会社側のバックアップ:OFF-JT(Off the Job Training:職場外研修)、OJT(On the Job Training:職場内訓練)、選択型研修など

企業は、従業員のエンプロイアビリティを向上させる環境や機会を提供することで、優秀な人材の流出を防ぐ努力をしています。これは

1 2