1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

職場の人間関係を良くする方法をまとめました。

h佐藤さん

職場での悩みやストレスの原因には、人間関係が多い

「会社に行きたくない」「あの人のこと/職場のことを考えただけで憂鬱になる」そんな経験はありませんか?

このような職場での悩みやストレスの原因には、人間関係が多いことが、厚生労働省の調査でも挙げられています。多くの場合、睡眠を除けば人生の半分以上を仕事に費やすため、状況が変わらないままでは辛すぎます。

まずは自分を見直してみる↓

人間関係、コミュニケーションが苦手。
自分の意見を伝えたり、表現するのが得意ではない。
自分の我が強くて、周囲と衝突してしまう。
感情的になり、自ら人間関係を壊してしまう。
周囲から認められていない、大切にされていないと感じる。
自分は不要な存在に感じている。

相手と信頼関係を築くには

話のスピード、テンポ、リズムに合わせる
話の内容に共感、同意する
立ちふるまい、ジェスチャーを似せる、合わせる
同じ言葉、表現を使う
呼吸を合わせる
うなずきや相槌を合わせる

挨拶を徹底する

やはりコミュニケーションの基本は「あいさつ」です。「あいさつをしない人には、自分からあいさつするを必要はない」という考えを持っている人も多いようです。

しかし、このような考え方だと、人間関係がギクシャクしている原因がその人だった場合、いつまで経っても悩みが解消されることはありません。

小さなことでも感謝の気持ちを伝える

毎日仕事をしていると、自分ができなかった作業を他の人にやってもらったり、ミスの後処理をしてもらうことも出てきます。このようなときは、恥ずかしがらずに感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

小さなことでも「ありがとう」と一言伝えておけば、相手も嫌な気分を抱くことはありません。また、ささいなことでもしっかりとお礼を述べておけば、今後同じようなことがあったときも周囲が手を差し伸べてくれる可能性が高くなります。

ミスを起こしたときは素直に謝る

たとえミスや失敗の原因が他人にある場合でも、まずはしっかりと謝罪の気持ちを述べるようにしましょう。大抵の人は素直に謝罪をすれば許してくれますし、その後にミスが起きた原因を話せば親身になって聞いてくれます。

苦手な人を好きになる必要はない

苦手な人は苦手なままでもOKなんです。
ただ、苦手だからってこちらも失礼な態度をとるのは逆効果。どんどんエスカレートしていきます。仕事に差し支えない範囲で会話して、その中で改善をするように心がけましょう。

自分に好意をもっている相手に人は厳しくできない

もし人間関係を改善したいなら「自分は相手のことを悪くは思っていないこと」を伝える 必要があります。

どんな人でも、明らかに自分に好意をもってくれている相手に酷いことはしにくい。だからこそ、こちらは他の人と差のない接し方を心がけましょう。

「意地悪しているはずなのに絶対に丁寧に対応してくれる」「無視しているのに挨拶し続けてくれる」と思われれば、自然と関係はよくなるはず です。

1