1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

久しぶりにアート!再開した全国の美術館10選

新型コロナウイルスの影響を受け、各地で臨時休館となっていた美術館だが、続々と再開を始めている。東北から九州まで、再開した全国の美術館10選。

更新日: 2020年05月27日

11 お気に入り 8978 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆再開に向けて動き始めた美術館

【美術館本日より再開しました☆】 当館は本日5/12(火)から再開しております。 朝からNHK水戸放送局や各新聞社に、再開にむけた取り組み等について取材いただきました。 NHKでは本日18:30~「いば6」で放送予定です↓ www4.nhk.or.jp/P3505/x/2020-0… #茨城県近代美術館 pic.twitter.com/ZSsnmkSJHV

新型コロナウイルスの影響を受け、各地で臨時休館となっていた美術館・博物館。

すでに再開が発表された大阪の国立国際美術館に続き、都内の国立美術館も6月中に再開する方向で調整が進んでいる。

来場にあたっては、県外からの来場禁止・入場制限・開館時間短縮等の制約が設けられている場合があります

◆すでに再開した全国の美術館10選

▼岩手県立美術館

萬鐡五郎、松本竣介、舟越保武を柱とした郷土作家の作品を中心に収集展示し、また、国内外の様々なテーマによる企画展を開催しています。

▼茨城県近代美術館

偕楽園から続く緑豊かな千波湖畔にあり、茨城ゆかりの作家を中心に、国内外約4、000点の近現代美術作品を収蔵、展示している『茨城県近代美術館』。ロダン作「三つの影」・横山大観作品の「流燈」など、多数の所蔵作品が鑑賞できます。

▼中村キース・へリング美術館(山梨)

創設者・中村和男が1987年より収集する約200点のキース・ヘリングの作品からなる、世界唯一の美術館。展示空間はキース・ヘリングが駆け抜けた時代の「光と影」を根底とした空間で構成される。

▼新潟県立近代美術館

「世界の美術」の大光コレクション。明治以降の美術の流れを展望する「日本の美術」。県ゆかりの作家の作品を中心とした「新潟の美術」。この三つの系統を基本とする収蔵作品は6,000点を数えます。

▼ベルナール・ビュフェ美術館(静岡)

フランスの画家ベルナール・ビュフェの作品を収蔵展示する美術館で、2000点と世界一のコレクションを誇る美術館。美術館で見られるビュフェの絵は、常設展示もありますが、開催される企画展によって異なった絵が見られます。

▼京都国立近代美術館

日本画は竹内栖鳳・上村松園・土田麦僊など、洋画では梅原龍三郎・安井曽太郎・佐伯祐三など、京都・関西画壇ゆかりの作家を中心に、様々な作品を所蔵。また、陶芸や染織などの工芸品にも重点を置き、河井寛次郎・北大路魯山人・富本憲吉などの作品も充実。

1 2