1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今度はウサギが大量死。「感染症」が猛威を振るいまくってた

アメリカでウサギがウイルスに感染して大量死しているというニュースが入ってきました。

更新日: 2020年05月23日

4 お気に入り 43685 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■人間に脅威を与えている新型コロナウイルス

COVID19は昨年12月に中国の武漢で初めて確認され、世界中に広まりました

新型コロナウイルスの世界の感染者は500万人に達した。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計データで示されたもので、過去1カ月で倍増

■そして猫にもうつることが明らかに

米国の疾病予防管理センター(CDC)は、4月22日にニューヨークで初めて2匹の飼いネコがヒトの新型コロナウイルスの陽性反応を示したと発表した

コロナウイルスに感染した猫は、発熱、咳、呼吸障害、鼻水、嘔吐、下痢などの症状を示す

ニューヨーク州の別々の家庭で飼われている2匹の猫は、呼吸器疾患の軽い症状があったものの、それぞれ回復が見込まれている

■最近では「ミンク」から人に感染したという発表も

新型コロナウイルスへの感染が確認されたオランダのミンク農場の従業員1人について、感染源はミンクである可能性が高く、同国初の動物からヒトへの感染例とみられることが分かった

ミンクが新型コロナウイルスに感染しても、症状が出ない場合があることも判明。政府は抗体検査をオランダ国内の全ミンク農場に拡大し、強制措置として実施すると表明

オランダのミンク農場では4月、呼吸困難に陥るミンクが一部で確認され、広範な調査が行われていた

■これは恐ろしい報道…

ミンクに感染させたのが野良猫だったとすると、狂犬病みたいに野生動物が新型コロナを保持し続ける世の中になる可能性もありますね。 https://t.co/0JHkrkjGL3

WHOの発表と違って、案外いろんな生き物にかかってるんだなと思った。 (ミンク牧場って、その後のことを考えると割とショックな響き) 新型コロナウイルス、ミンクから人に感染した可能性 オランダ cnn.co.jp/fringe/3515413… @cnn_co_jpより

新型コロナウイルス、ミンクから人に感染した可能性 オランダ news.yahoo.co.jp/articles/56fc2… 以前から特に猫は新型コロナに感染しやすいという実験データがあった。また、中国では窓から猫を投げ捨てている動画もあった。 動物から人に感染させることがはっきりした以上、対策を考えなければならない

■そして今度はウサギがウイルスで大量死

ウサギの間で広まる「兎ウイルス性出血病(RHD)」のタイプ2(RHDV2)が、 米国南西部で数千匹のウサギを死滅させ、ウサギを餌とする野生動物にも危機をもたらしている

新型コロナウイルスはコウモリから人間に広まったものとされているが、科学者らは兎ウイルス性出血病が家畜から欧州の野生のウサギに広まったと考えている

もしも感染が拡大し続ければ、米国に生息する数十種類のウサギ全てが壊滅的な打撃を受け、生態系が脅かされる恐れもある

■希少なウサギが滅んでしまう可能性も

希少なウサギの種が滅んでしまうことや、これらのウサギを餌とする野生動物への影響を危惧している

ペットとしてウサギを飼っている人は、野生のウサギや鳥と愛するペットが接触しないよう、厳重な注意を行う必要がある

感染力が強く、ウサギやナキウサギなど、ウサギの仲間にのみ感染する。新型コロナウイルスとは無関係で、人間に感染することはない

1 2