1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

伝説は続く…はいだしょうこ”画伯”の手描き紙芝居が魅力的すぎる

歌手・女優・タレントと幅広く活躍を続ける「はいだしょうこ」さん。伝説の画伯としても知られ、自身のYouTubeチャンネルで公開されたの最新動画 〈絵・はいだしょうこ「ももたろう」の紙芝居【読み聞かせ】〉で遺憾なく才能を発揮されています。

更新日: 2020年05月23日

10 お気に入り 18333 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

歌手・女優・タレントと幅広く活躍を続ける

声楽家の母の影響もあり、宝塚歌劇団に入団。千琴ひめかの芸名で、娘役として星組に所属。

2002年、宝塚歌劇団を退団後、2003年NHK「おかあさんといっしょ」の第19代うたのおねえさんに就任。

就任時に「たくさんの子供達に自分の名前を覚えてもらいたい」という理由で、芸名を本名のひらがな表記の『はいだしょうこ』に変更した。

2008年、番組卒業後も,役者や歌手活動のほか,テレビ番組への出演多数。NHK大河ドラマ「真田丸」に浅井三姉妹の一人の初役として出演するなど、活躍の場を広げている。

独特の画風で”画伯”としても知られ、2006年にはきっかけとなる

同番組のキャラクターの絵描き歌を披露したところ、子供たちに衝撃を与える仕上がりを披露したことで伝説を作った人物。

『おかあさんといっしょ』 が60周年記念で懐かしい映像出るとのことで、一週間録画予約。自分が幼児の時の歌の姉さんが誰だかわからぬ。年代も表記して欲しかった。はいだしょうこ出てきたが、昔と全然変わってなかった スプー描いて欲しかったw pic.twitter.com/1kCWYWrwUZ

絵描き歌に合わせて人形劇のキャラであるスプーを描いたところ、実物からかけ離れた何かを生み出してしまいます。

"画伯"の名を知らしめるきっかけとなった「スプー」の絵を、11年ぶりに公共の場で披露しました。

はいだ自身も「これを見てお子さんが泣かないといいな」と苦笑いしました。

そんな彼女が先月、公式YouTubeチャンネルを開設

「もっと歌を届ける機会を増やしたい」「もっと皆さんに喜んでもらいたい」と考え、今回YouTubeチャンネルを開設したという。

はいだしょうこ「ひこうき雲」- 松任谷由実/荒井由実(フル)〈公式〉

松任谷由実さん「ひこうき雲」、中島みゆきさん「糸」などをお届けし、開設から1カ月半ほどでトータル300万回再生を達成。

はいだしょうこ さんがYouTubeチャンネルを解説され、耳が幸せです!

そして、満を持して?自作イラストでの紙芝居を公開

絵・はいだしょうこ「ももたろう」の紙芝居【読み聞かせ】

本日12:00にYouTubeの最新動画 〈絵・はいだしょうこ「ももたろう」の紙芝居【読み聞かせ】〉 を公開しました。 皆様から「絵も見たい!!」の声を沢山いただいたので、今回は紙芝居に挑戦しています ぜひお楽しみください。 byスタッフ #はいだ画伯 youtu.be/zGDhYCAYMVk pic.twitter.com/Bpg3D8aL8F

インパクト強めの画伯の絵だけでなく、はいださんの美しい声と、抑揚の利いたよみきかせも魅力。

1 2