日食や月食が起こる時、
運命が激しく揺さぶられることがあります。
人によっては思わぬ方向に運命が進んでいく
という感覚に陥ってしまうかもしれません。

ただ、これは本来あるべき運命が露呈する瞬間と
考えるべきです。激しく状況が動くことで、
それまでに積もった澱みが一気にふるい落とされ、
進むべき方向が一気に浮き上がるイメージです。

もちろんこの出方は人それぞれですし、
そもそも自分の運命は予測することは難しく、
後から振り返って初めて「ああこれは運命だった」
と悟るものです。

蝕の季節に起こることは予測不能ではあるので、流れに身を任せることしかできないかもしれませんが、それでも流れを信じることには意味があります。

出典5月23日、新月を迎えます。「蝕の季節」への突入を告げる「始まり」の合図です! | Solarita

前へ 次へ