1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Lifedoorさん

衝撃を受けたテラハメンバーの急死

1000RT:【訃報】『テラスハウス』出演、木村花さんが死去 22歳 news.livedoor.com/article/detail… 所属するプロレス団体・スターダムが発表。HPでは「今後につきましてはご親族と相談の上、お知らせいたします」としている。 pic.twitter.com/ROiubNsRro

原因は誹謗中傷の影響とも言われている...

フジテレビ系恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中の女子プロレスラー・木村花さんが23日に22歳で亡くなった。

木村さんのSNSに同番組への出演についてなど誹謗(ひぼう)中傷ともとれるコメントが寄せられていたことに、著名人からは疑問の声が多数あがった。

出来心では済まされないネットでの誹謗中傷の大きな代償

昨今、インターネット上での誹謗中傷は大きな問題となり、被害は年々拡大傾向にあります。

いわれなき誹謗中傷に苦しむ被害者が日々生まれてしまっている一方で、匿名だからという軽い気持ちで行う書き込みやSNSでの発信によって加害者になってしまう人が存在するのです。

軽い気持ちの発言でも・・・

誹謗中傷行為が他人から訴えられた場合、書き込んだ人は民事と刑事の両方で罪を問われることになります。

また、ネット上での誹謗中傷は「匿名で行っているから自分の仕業とバレることはない」と考えてしまいがちですがそれは誤っています。

たとえ匿名で書き込みを行ったとしても、インターネット事業者へ情報開示請求を行うことで書き込みを行った人の情報は追跡することができ、そういった意味では本当の意味での匿名など存在しないと言えるのかもしれません。

その一言は...

削除しても、心には残る

SNSの利用者は、主に使用するアカウントとは別に匿名のアカウントを取得し、情報発信や交流をするケースが少なくない。このうち「捨て垢」はいつでも削除、放棄できることを前提にした匿名のアカウントで、嫌がらせ目的のものは少なくない。

「捨て垢」は簡易的に作られているため、中傷を受けても、相手を特定できる情報は乏しい。さらにアカウントそのものを削除された場合、本人を特定するのが極めて難しくなる。

嫌がらせの書き込みもSNS上からは消えるが、被害を受けた大学生は「自分の心の中からは、嫌がらせのメッセージが消えることはない」と苦しい胸の内を明かした。

誹謗中傷への対応は?

それでは、知らない誰かから誹謗中傷されたら、どうすればよいのでしょうか?

正確に言うと、相手に対して一切反応をせずに、気付かないふりをするということです。SNSのブロック機能を使うのはダメです。ブロックしたことが相手に分かってしまうからです。ブロックしても、相手は別アカウントでまた攻撃してくるので意味がありません。ブロックすることで逆ギレされることもあります。

発信者情報開示請求を行なって本人を特定する事も出来る

誹謗中傷投稿を行う者に対する法的手続きを始めるには、まず、「プロバイダ責任制限法」に基づき発信者情報開示請求を行う必要がある。

併せて警察にも相談をし、被害届が受理されたので本人特定をしてもらうことができたそうだ。判明したアカウントの主は60代の男性だったという。

1 2