女子挺身隊(じょしていしんたい)は、大日本帝国が第二次世界大戦中に創設した勤労奉仕団体のひとつで、主に未婚女性によって構成されていた。戦時日本の労働力が逼迫する中で、強制的に職場を配置換えする国家総動員法下の国民総動員体制の補助として行われ、工場などでの勤労労働に従事した。1944年8月の女子挺身勤労令によって12歳〜40歳の内地(日本)の女性が動員された。日本統治下の朝鮮の女性への適用は検討されたが、適用されることはなかった。1945年の国民勤労動員令によって女子挺身隊は国民義勇隊として改組され、消滅した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

<韓国>慰安婦支援団体(挺対協)という名の反日団体はスパイ活動も暗躍

日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(略称正義連、朝鮮語: 일본군성노예제문제해결을위한정의기억연대)は、日本の慰安婦問題解決のために活動する大韓民国の市民団体である。

このまとめを見る