1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

近年、相談件数が急増している…

中には、パワハラの被害者が休職したり、最悪の場合自殺に追い込まれたりする深刻なケースもあるようだ。

そんな中、ついに…

大企業では2020年6月1日から、中小企業では2022年4月1日からパワハラ防止のための措置が義務づけられる。

職場での #パワーハラスメント を防ぐ措置を企業に義務付ける #パワハラ防止法 が6月に施行されます。まずは大企業が対象で、2022年4月に中小企業も加わります。実効性をどう持たせればよいでしょうか。nikkei.com/article/DGXMZO…

6月から施行される「パワハラ防止法」では、SOGIハラやアウティングも、企業等に防止対策の義務付けが決まっています。 企業はどのような意識からLGBT施策に取り組んでいるのか。 厚労省が国の事業として初めて職場のLGBTに関する実態を調査しました。(松岡宗嗣) huffp.st/t7nQ14J

そもそもパワハラの定義とは…

厚労省の指針は、パワハラを(1)優越的な関係を背景に(2)業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により(3)労働者の就業環境が害される-の三つ全てを満たすものと定義。

「身体的攻撃」「精神的攻撃」などパワハラを六つの型に分け、「物を投げつける」「人格を否定するような発言をする」といった例をそれぞれ挙げた

具体的には、「身体的な攻撃」「精神的な攻撃」「人間関係の切り離し」「過大な要求」「過小な要求」「個の侵害」の6つ

今回の法改正により…

「パワハラを放置する企業は、将来、経営が立ち行かなくなる恐れがある」と警鐘を鳴らす。

マネジャーとして活躍することが難しくなりますし、ハラスメントを放置した会社は生き残っていけません。

パワハラを放置すると、離職者や休職者が増え、職場の生産性が下がるなど、企業にとって大きな損失が出る。

一方では…

一方で労働組合関係者からは、例示を都合よく解釈し、パワハラを否定する会社も出てくるのではないかと懸念する声も聞かれる。

行為者に共通していることがあります。それは社会が変わったことに気づいていない、令和の時代を昭和の感覚で生きているということ

また、動物愛護法も改正される

1 2