1. まとめトップ

陰部Dゾーンの悩みの漫画が百合展開に?Twitterで話題に

小林製薬のフェミニーナ軟膏は、女性器の恥ずかしい苦しみをスカッと解消する薬剤です。漫画家・加藤マユミの作品で商品をPRする広告ツイートが評判です。同性愛を妄想する展開、夫の作風を連想する笑えるデフォルメ顔、有名探偵のような後輩の恐怖の性格、じわじわくる体験談ストーリーの強烈な宣伝効果が話題です。

更新日: 2020年05月28日

0 お気に入り 296 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

merit_1さん

Dゾーンのかゆみに効果あり、フェミニーナ軟膏

体調でデリケートゾーンがムズムズかゆくなったりする事があります。
でも女子だと相談したり病院で陰部を見せるのも恥ずかしいので、悩んでしまいます。

こんな時に助かる薬剤が、小林製薬のフェミニーナ軟膏です。

スッと塗っておくとスカッとかゆい感じが落ち着いて効果てきめんです。

軟膏がロングセラーになって、ミストや錠剤も出て「フェミニーナ」ブランドは小林製薬のロングセラーになりました。

フェミニーナ軟膏の効果を広告漫画で表現!

加藤マユミは夫の横山了一と一緒に夫婦で人気漫画家として有名です。
普通の漫画のお仕事は横山了一の方が多いですが、加藤マユミはその分ちょっと変わったお仕事も来ます。

何とフェミニーナ軟膏のTwitter広告の漫画も依頼が来ました。
そして描いた作品は・・・
見てみましょう。

すごいですね。
ちゃんとオチがあってフェミニーナ軟膏の効果のアピールもあり、加藤マユミの全力の漫画だと思います。

Twitterでだんだん話題になって・・・

フェミニーナ軟膏の漫画にTwitterで反応が広がる

デリケートな話題を女子2人にさせた明るい展開の漫画に、デリケートな解釈で反応する人も出てきました。

メインテーマと関係ない微妙な所が気になってしまう人も・・・

@katomayumi ところどころデフォルメ顔が旦那様が描く顔に見えてしまう… やっぱり影響されるんでしょうかw

フェミニーナ軟膏は漫画も効果あり!

漫画が面白いのは大事ですが、商品の宣伝効果が出て来なかったら広告には無意味になってしまいます。
広告を出す時は要注意です。

フェミニーナ軟膏の加藤マユミの漫画は、宣伝効果もちゃんとうまく発生しましたよ。
Twitterで大反響で、小林製薬は大成功です。

@katomayumi デリケートゾーンのかゆみは誰にも相談出来ないから困っちゃうw 素敵なPR漫画でした(*´ω`*)

敏感なデリケートゾーンのかゆみは、フェミニーナ軟膏の効果でスカッと解消しましょう。
苦しい時間は楽しい漫画の宣伝に助けてもらいましょう。

ずっと苦しんでいると、↓みたいな漫画にされてしまいますよ。

1