1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

Lifedoorさん

在宅勤務で浮き彫りになった事...

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、多くの企業が「テレワーク」の導入を迫られた。

幅広い世代が混在する組織、パソコンに不慣れな社員もいるなかで当初は足並みを揃えることに難儀していたはずだが、試行錯誤を繰り返して“見えてきたもの”もあるはずだ。

SNS上では...

今までが無駄だったと言う声が多い

テレワークの利便性が分かった今、また通勤を再開すると言う無駄っぷり 後期も登校したく無いでござる

お電車通勤時間やはり無駄な時間やなってテレワークやってから感じた

テレワークで全部出来るのなら行くのは無駄なことじゃないのかな

テレワークは通勤という無駄な時間がないから、仕事から推し事へシームレスに移行できるのがいいね。

テレワークでできることは全部テレでいいんじゃないんでしょうか。あと、無駄な書類のやり取りとかハンコとか全部無くせばいい。

テレワークが拡大している背景

当初の目的は、ライフワークバランスの向上や働き方改革による広まりでしたが、最近の大きなインシデントにより、在宅勤務・テレワークは、「あったらいいな」ではなく「あるべき」制度として広がってきています。

広がってきている最大の理由は、世界中で感染が広がっている「新型コロナウィルス(COVID-19)」です。日本国内では「緊急事態宣言」が出され、外出自粛の要請が広がり、多くの企業で、在宅勤務・テレワークが実施されています。弊社も例外ではなく、全社員が在宅勤務で業務を行っています。

一番の無駄と感じたのは・・・

やっぱり「通勤時間」だろう

「満員電車に乗らなくてよくなった」「通勤時間がいかに無駄な時間だったか分かった」「身支度もメイクも適当でいいから最高」と、リモートワークにより通勤時間がなくなったことを喜ぶ声。

自宅からオフィスに到着したときには既に疲れている…というようなことはもうありません。

オフィスのムダ「報連相」が明らかに……?

テレワークの場合、「ホウレンソウ」の問題はメールでクリアできるのです。しかも履歴が残るからこそ「言った、言わない」という不毛なトラブルも避けることができるでしょう。

たとえばこのように、テレワークをうまく活用すれば、日常のオフィスにおいて見えにくくなっているムダを改善することができるわけです。

ペーパーレスで今までの資料印刷も無駄だった…

1 2