1. まとめトップ

【桑の実】食べたことはありますか?黒く熟した果実が食べごろ!

クワ・落葉樹になる果実の総称「マルベリー」「ミュール」とも呼ばれています。品種や変種がたくさんあり、葉っぱを収穫する養蚕用の「ヤマグワ」と、果実の収穫が目的の「西洋桑」など。紫や黒く熟した実は甘く、赤色の実はまだ酸っぱい。生の他にジャムやお酒やケーキにも。効能や効果

更新日: 2020年05月27日

1 お気に入り 2780 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

桑の実をご存知ですか?桑の実を食べたことはありますか?黒く熟した実は甘く、赤色の実はまだ酸っぱい。

花が好きさん

桑の木は神聖なものとされており、霊木として進行している地方もあります。
遠野物語などに登場する神様の「おしらさま」は、養蚕の守護神、災難除けの神様ですがこのご神体はクワの木が多いです。

雨上がり後の空気が良かったから、久しぶりにお散歩する気分になれた。 桑の実がたわわに稔る季節 pic.twitter.com/eRnmlTaBGl

養蚕に欠かせない桑は、葉っぱが蚕のエサになることで知られていますが、その木に実る果実「桑の実」は、ご存知でしょうか?

桑の木は昔から私たちの生活にありましたが、桑の実を見たことがない人も多いのでは?

桑の実は、クワ科クワ属の落葉樹になる果実の総称です。
「マルベリー」「ミュール」とも呼ばれています。

桑の種類は世界で1000品種以上あるそうです。

品種や変種がたくさんあり、葉っぱを収穫する養蚕用の「ヤマグワ」と、果実の収穫が目的の「西洋桑」に大別されます。

桑の実をつける桑の木はおおきく3種類にわけられます。
日本原産種のヤマグワ。
中国北部から朝鮮半島にかけて原産のカラグワ。カラヤマグワ、マグワ(真桑)、ハクソウ(白桑)とも呼ばれています。
中国北部から朝鮮半島にかけて原産のロソウ。ログワとも呼ばれています。

桑は、種間交雑がしやすく、たくさんの品種があります。そのため、実の大きさや甘みと酸味のバランスは様々。

桑の実の収穫が始まりました。栄養満点なスーパーフードです。見つけたら買って下さい。早い者勝ちです #桑の実  #朝市 #道の駅 pic.twitter.com/SjsoVk86Qf

桑の実を 食べたことがありますか? 桑の葉はお蚕さんに 桑の実は子供の頃のおやつ 桑の実を口いっぱい頬張って 口の周りを紫色にしていた 今日もスペシャルな一日を #桑の木 #おは戦20527ms #スペシャルな一日 #散歩 pic.twitter.com/4vwr0hhwex

@mieru_fujiyama 桑の実て食べられるのかあ!(←桑の実自体見た事のないヒト)

桑の実は、成りはじめは白く、徐々に赤くなり、完全に熟すと赤黒くなります。

真っ黒く熟した実は甘く、きれいな赤色の実はまだ酸っぱい。

赤い状態だと酸味がかなり強く、食べるのには適しません。

桑の実は、甘みと酸味のバランスがいい果物です。

@okojyo4 @abematu 子供の頃、道端の桑の木に実を手でとってそのまま口に放り込んでいました。あの甘酸っぱい味と香りが蘇ってきます。懐かしい......。

汁が服につくとなかなか取れないので、食べるときは注意が必要です。

そういえば初めて桑の実を食べた。イチゴっぽい味。

生のまま食べると、ブルーベリーよりも酸味が少なく、甘みが強いと感じる方が多いようです。

果実はラズベリーなどと同じように小さな粒が集まって1個の果実になっていて、真ん中の軸は果実の先近くまで中心を貫いてます。

みなさん、おはようございます 木苺と桑の実が実っていました。 自然は歩みを止めずに少しずつ季節は移りゆきます。 あたりを見渡してください。昨日と違った今日に出会えるはずです。 今日もよい一日をお過ごしください pic.twitter.com/mHFeo7Qjpe

桑の実は、アントシアニン、ビタミン類や鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛など豊富な栄養素を含んでいます。

桑の実は、ビタミン類、カルシウム、カリウムなどの栄養素を含んでいます。中でも注目は、ビタミンCとカリウムの量が豊富なことです。

お疲れさまでした 今日は一日、公園の低木の 刈り込みを行いました 公園に、桑の実が生っていました 子供の頃、桑の実をよく食べました 赤黒く熟れると食べごろです 桑の実は強い抗酸化作用をもつ ポリフェノールを非常に沢山含んでいます 強い抗酸化作用をもつビタミンEも沢山含んでます pic.twitter.com/isuoAjG2Lc

1 2