1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

支給できない…。次々と発表されるボーナス関連のよくない話

ボーナス支給に関してよくない報道が次々と発表されています。

更新日: 2020年05月27日

14 お気に入り 143246 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■もうすぐ夏のボーナス時期

てかそろそろボーナスじゃん。今回は流石に低いのかなぁ、

もうそろそろボーナス出るけど、使い方どうしよっかな〜て思いながら仕事してるとモチベ上がる。

そろそろボーナスかぁ…貰っても使うとこないからとりあえず貯金かなぁ

■しかし、今年はコロナの影響が…

これまでの好景気ムードから一変、新型コロナの影響で世界中の経済が停滞期に向かおうとしています。働き方も一変

サラリーマンのこの夏のボーナスは中国経済の減速などに新型コロナウイルスの影響が加わり、去年夏のボーナスに比べて5%ほど落ち込む見通し

2020年夏の民間企業(調査産業計・事業所規模5人以上)のボーナスは、前年比-7.6%と新型コロナウイルス感染拡大の影響で大きく減少すると予測

■従来通り出せないという企業が多い

昨年10月頃から今年3月頃までの業績をベースに査定をします。この時期はまだ新型コロナの影響がそれほど大きくなかったという企業もあるでしょうが、先行きを考えると従来通りには出せない

ボーナスの下げ幅は中小や零細企業ほど大きく、業種では観光業やサービス業で影響が大きい

■すでに「支給ゼロ」を発表している企業も

大手旅行会社のエイチ・アイ・エスは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で業績が悪化していることからことしの夏のボーナスを社員に支給しないことを決めました

幸楽苑ホールディングス<7554>が社員の給与20%カットを決定しました。5月から7月までの措置で、夏のボーナスの支払いも無しとなる予定

また業績悪化を受けて、7月までの3か月間、会長と社長の月額報酬を50%、取締役と監査役の月額報酬を20%から30%、それぞれ減額する

幸楽苑のニュースです。

■その他の企業でもボーナスの支払いが苦しい

切迫しているのは旅行、宿泊、飲食、航空、鉄道、小売りなどの業界。ただ、今夏のボーナスは春闘で妥結していますから、大手はほぼ影響ありません。それでも、中小企業は下がるところもある

中でも、経営体力が見劣りする中小企業や零細企業の間では「支給見送り」という事態も現実味を増す

工場の経営者が宣言する。ボーナスを支払うためには女性を一人解雇しなければならない

■今回の夏のボーナスは大丈夫でも、冬に影響することがあるので油断は禁物だ

民間エコノミストの間では、今年夏のボーナスの段階では足元の急激な逆風を十分に反映しきれないとの見方も多く、今年冬以降は一段と内容が厳しくなるとの声が聞かれる

日本の基幹産業の1つである自動車も、工場の操業が停止している。世界の購買意欲が冷え込んでいるいま、厳しいと言わざるを得ません

1 2