1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

子供がいないとこんなことになるの?コロナ禍で自宅時間が続いた結果様々なことに

子供のいない休園中の公園「キノコの行列」です。休園続ける動物園の光景に「そんなに、経つのか...」と担当者の嘆きが悲しい。

更新日: 2020年05月29日

7 お気に入り 62724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hanamaronさん

■ブランコの順番待ちに「キノコ」

【臨時休園】子供のいない遊具広場に「キノコの行列」 井の頭自然文化園 news.livedoor.com/article/detail… これほど多く大きいのは初だという。職員は「断定はできないが、来園者がいないため育ったのではないか」と推測。 pic.twitter.com/IqmXZ9rpAa

写真に映っているのは、園内の「ぶらんこ広場」。ブランコの順番待ちをしていたのは...多くの「きのこ」でした。

元気な子どもたちで賑わうはずの「ブランコ広場」は、 今日も静か… おやっ!? ブランコの順番待ちしているのは、だぁれ? (答えはのちほど) #お休み文化園 #休園中の動物園水族館 pic.twitter.com/YgRr3TNdc8

職員は、「断定はできないものの、来園者がいないためキノコが育ったのではないか」と考えているという。

SNSではほっこりすると多くの声が

■更に子供がいない学校では「クマ」

新型コロナウイルス対策で休校している栃木県足利市西部の市立坂西北小学校の校庭で、約15センチ大の足跡が見つかった。

市によるとツキノワグマのものと思われ、校庭を歩き回ったとみられる。

出島教頭は「普段なら子どもの声がしているのでクマも近づかないと思うが、このところ静かだったので近寄ってきたのでは」と話す。

■外出が減り病気もしないので「小児科」はガラガラ

医療情報総合研究所(通称:JMIRI)は5月21日、4月の小児科の受診患者数が前年同月比42%減、耳鼻咽喉科は同43%減だったと発表した。

外出自粛が要請されたことや、医療機関を受診することでコロナ感染者に接触することを危惧したことが受診抑制につながった可能性がある。

患者の年代別にみると、10歳未満で同45%減、10歳代が同37%減と、小児での減少が顕著だった。

SNSでも小児科が空いていると多くの声が

いつも混んでた小児科が、最近はいつ行ってもガラガラ…。 経営が大変だろうことは見てとれる。やっと見つけた良い先生なので、いなくなってしまったら路頭に迷う…。 病院を守るのは、コロナだけでなく、日々の生活のライフラインを守ることだ。 twitter.com/pdXgtmK07c8BbV…

小児科は受診控えでガラガラ。ということは、待ち時間なし!!。なので、今が予防接種をするには絶好のタイミングですよ。コロナは正しく恐れて、お子さんの病気は躊躇せず受診しましょう。 twitter.com/KUMANICHIs/sta…

かかりつけの小児科、コロナ前は40人待ち、三時間待つのは当たり前だったのに今はガラガラ。 医療崩壊を防ごう!って自粛してる間に病院つぶれちゃうんじゃ…

@moa222_405 こないだいつもの咳の薬貰いに行ったらほんっっとにガラガラだったよー。小児科も無駄に行くとなんかもらいそう、ってのがコロナで更に敬遠されてるんだろうねぇ…。

1 2