1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

▼テラスハウスに出演していた木村 花さん

木村 花(1997年9月3日 - )、
女子プロレスラー。スターダム所属、
芸能活動においてはWALK所属。

一つ屋根の下で複数の男女が
シェアハウスする様子を記録したリアリティ番組。
フジの一部地域の地上波、
フジテレビ・オンデマンドや
ネットフリックスで配信されている。
やらせ疑惑が度々浮上するが
番組Pは台本がないと否定している。

▼洗濯機に入れっぱなしにしていた衣装を洗濯された時にブチギレ(暴力ではないかと放送時に炎上してアンチが増加)

第38話にてコメディアン志望の小林快が、
花のプロレスの衣装を洗濯に回して
収縮させてしまったことから巻き起こった“コスチューム事件”。
快は花に謝罪のうえ、数日後にテラスハウスを卒業していった。

▼アンチは番組内の服装や行動についてもクソリプをするなど粘着

木村花さん
「そうだよね。顔も中身もブスでごめんね」
「消えれるものなら早く消えたいよ」
「生きててごめんなさい」
「良い人じゃなくてごめんなさい」
「嫌な気持ちにさせてごめんなさい」
「消えてなくなったら許してくれますか?」
「どうやったら消えられますか?」
「消えたらみんなに愛してもらえますか?」
「わたしはみんなの事が好きです」

▼木村花さんが自殺までの流れ

木村花さん クソリプにいいねをはじめる(ずっと粘着されていたアカウント)

木村花さんリスカ画像とコメント「愛されたかった人生でした。側で支えてくれたみんなありがとう。大好きです。弱い私でごめんなさい」

意味深メッセージ「もう人間なんかやりたくない」「愛されたかった人生でした」「ばいばい。」「愛してる。楽しく長生きしてね。ごめんね」「さようなら」

硫化水素を使って自殺と報道や地元民からも証言

SNSの誹謗中傷には関係者などから多くの意見が上がった

言葉は武器になる ナイフなんて比にならないくらい 重く、鋭く心をえぐってくる 自分の発言に責任もてよ

この世は地獄かよ。 画面の向こうにいるのは、偶像じゃなくて心を持った人間なんです。心無い言葉で傷ついた事が、あなたにもあるはずです。 こんな理不尽な人の憎悪を受けて、自分の中にもまた憎悪が芽生えていく事に腹が立ちます。 殺し合うんじゃなくて、生かしあおうよ。おかしいよ。

▼一方で打ち切りが決まったテラスハウス(今シーズンだけと見られる)

この度、番組に出演されていた、 木村花さんがご逝去された事について、 改めてお悔やみ申し上げます。 またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します。

尚「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に関しましては、制作を中止する事を決定致しました。 この度のことを重く受け止め、今後も真摯に対応して参りたいと考えております。

▼一方でテラスハウスのスタジオメンバー山里亮太、アジアン馬場園梓らがコメントすると誹謗中傷が殺到

制作関係者は、共同生活のパートに台本はないとしたが、
スタジオトークについては「番組を盛り上げるため、
出演者に対して制作サイドから
キャラクター設定の指示があった」と指摘。
その役回りを全うするために、山里はひねくれた目線で
入居者の行動を分析するキャラを、
馬場園は女性目線で毒づく発言をしていたという。

アジアン馬場園さんは一部のアンチをブロックする事態に

この度は木村花さんの訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。   突然のことに、どう言葉を発してよいか分からず、時間が過ぎてしまいました。それは木村さんのことを考えると、直ぐに言葉の整理ができませんでした。そのような不安定な状態で、自身の発した言葉がどのように解釈されるのかが分から

ず、しばらく言葉を発することに躊躇をしてしまいました。 今、現実を受け止めて、なぜ画面の中で力強く立ち振る舞っているその姿の裏にある苦悩に気づけなかったのか、何かできることはなかったのかと強く感じています。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。                 山里亮太

1 2