世帯収入の激減、アルバイト収入の激減・中止等により学生生活にも影響が顕著となっていることから創設されました。

内容:国公私立大学(大学院)・短大・高専・専門学校に通う、家庭から自立してアルバイト収入により学費等を賄っている学生等で、今回の新型コロナウイルス感染症拡大による影響で当該アルバイト収入が大幅に減少し、大学等での修学の継続が困難になっている人に給付金を支給

条件:

1.以下の①~⑥を満たす者

① 家庭から多額の仕送りを受けていない

② 原則として自宅外で生活をしている(自宅生も可)

③ 生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い

④ 家庭の収入減少等により、家庭からの追加的給付が期待できない

⑤ アルバイト収入が大幅に減少していること(▲50%以上)

⑥ 就学支援新制度の受給者など、既存制度の利用者であること など

給付額:10万円(住民税非課税世帯は20万円)

給付時期:未定

申請方法:学校に必要書類を提出

申請期間:5/19~(学校によって異なる)


出典【第四弾】新型コロナを乗り切るための個人事業主が使える助成金・給付金・補助金(5月29日分まで) | KaikeiZine | 税金・会計に関わる"会計人"がいま必要な情報をお届けします!

前へ 次へ