1. まとめトップ
1 お気に入り 3858 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アンテロープ・キャニオン

アメリカのアリゾナ州 ナバホ族の土地にあり、ナバホ語で「Tse bighanilini」とも呼ばれているアッパー・アンテロープ・キャニオン。「水が岩を流れる場所」という意味がこめられています。ロウワー・アンテロープ・キャニオンは「Hasdeztwazi」と呼ばれ、意味は「螺旋の岩石アーチ」。有名な光線が見られるのはお昼ごろで、4月~9月がおすすめです。

サムイ島

椰子の木が多いことから「ココナッツ アイランド」とも呼ばれいているサムイ島。元々は漁師が住んでいたが、今ではタイのリゾート地の一つとして知られています。ビーチ以外にも黄金の仏像などの見所があります。雨が降ることが多いので旅行時期は3月~10月がおすすめ。

クリムトゥ山

フローレス島の小さな町、モニの近くにある火山。三色の火口湖がある事で有名です。緑色の「老人の霊の行く湖」、青緑の「若い男女の霊の行く湖」と赤の「罪人の霊の行く湖」。同じ火山にも関わらず3色の湖があるため、観光者だけではなく学者からも関心を集めている。

マルーンベルズ

マルーン湖とマルーンベルズの山はコロラドロッキーを代表する景色。夏にはワイルドフラワーが咲き乱れた姿を見ることができ、観光客に人気です。朝や昼間など時間帯によって湖に反射される山が違う表情をみせます。

蘆笛岩(ろてきがん)

中国の桂林にある観光スポット。自然と色鮮やかなイルミネーションが生み出す独特の世界観は、イルミネーション好きには必見!岩洞内には8世紀ごろに書かれたと言われている詩などが残されている。

1 2 3