1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

エディンバラ / スコットランド

スコットランドの首都エディンバラには、中世の面影を残した歴史的建造物が並びたつ旧市街(オールドタウン)と、新古典主義様式の建造物で構成される華麗な新市街(ニュータウン)の織り成す美しい街並みがあり、街そのものが世界遺産として登録されています。

イギリスを構成する4国のうちの1つスコットランド。

その首都がここエディンバラです。こちらも中世の面影をそのまま残した、ノスタルジックな雰囲気が漂う美しい街並みが広がっています。

サントリーニ島 / ギリシャ

夕日の時間になると見晴らしのよい通りは人でごった返しているので、イアで宿をとってゆっくり見るのがおすすめ。雲一つない海岸線に夕日が落ちる姿を見ることが出来たのもよいが、日が落ちた後に海岸線上が虹色にかわって、ゆっくり暗くなっていく瞬間が素晴らしかったです。

サントリーニ島には、断崖絶壁に佇む白く美しい町並みや目前に広がる青いエーゲ海など、サントリーニ島に行かなければ見ることのできない素晴らしい絶景が広がっています。ホテルのテラスでのんびりエーゲ海を眺めたり、可愛らしいフィラやイアの町を散策したり、サントリー二から見る夕日は世界一美しいとも言われています。ハネムーナーにオススメ!エーゲ海で最も魅力的な島の一つであるサントリーニ島に是非足をお運び下さい。

ハルシュタット / オーストリア

オーストリア中部、ザルツカンマーグート地方の奥地にある小さな町ハルシュタット。

ハルシュタット湖の湖畔に広がるこの町は「世界で最も美しい湖畔の町」としても知られており、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

ここハルシュタットは景勝地として知られているザルツカンマーグート地方の最奥地にあるため、周りは山と緑で囲まれた、都会ではなかなか味わうことのできない静かで穏やかな時間が流れています。

シャーヒズィンダ廟群 / ウズベキスタン

生ける王、という意味の霊廟。青色やターコイズブルーを基調としたタイルで装飾された建物は、中央アジア屈指の美しさ。

サマルカンド有数の聖地である「シャーヒズィンダ廟群」は、ティムール朝ゆかりの人々の霊廟が並ぶ地です。その多様な装飾は、イスラーム建築ならではです。特に「クサム・イブン・アッバース廟」は、色鮮やかな七宝タイルと植物文様が宝石箱のような美しさを見せています。

1 2