1. まとめトップ

『誰かさんの深み、重みのある言葉』にまつわるツイートが印象深い

Twitterには様々な呟きが溢れていますが、「その人物の言葉、深み、重みがある…」ってなる印象的なツイートを紹介します。

更新日: 2020年06月01日

32 お気に入り 56830 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが報告した「誰かさんの深みのある言葉」にまつわる話の中から、第三者にとっても印象深い投稿をまとめました。

justastarterさん

◆『刃物で切った傷なら…』

中島みゆきはデビュー直後に亡くなられた父親から「刃物で切った傷なら薬で治せるけれど、言葉で切った傷につける薬はない」と教えられて育ったそう。そして「切る言葉があるのなら、治す言葉もあるのではないだろうか」と感じたことが歌を作る上での原点にある、と。わたしも常々、肝に銘じています。

「誕生」は英語圏で生まれたばかりの赤ん坊に"Welcome"と声をかける習慣をモチーフに書かれた曲。誰もが最初に聞いた筈の"Welcome"を思い出して、という歌詞に続けて、もしも思い出せないなら私があなたに「生まれてくれてWelcome」と言うよ、と救済が用意されているのがまさに中島みゆきismだと思う。

@solascape 付け加えるのなら、みゆきさんのお父様は帯広でも有名な産婦人科医でした。 だからこそ、誕生という歌には様々な意味での思い入れがあるのだと思います。

@solascape みゆきさんの、時に厳しく時に優しい歌声には、傷つき疲れた心に寄り添って下さる温かさを感じてきました。その原点はここなのですね。これからもみゆきさんを聴き、歌い続けていきたいです。有難うございました。

@solascape 強さと優しさを感じるみゆきさんの歌詞には、そういう背景があったのですね…。 いいお話に巡り会えて感謝しています。 私も肝に銘じます。

◆『おい、孤独と不安に…』

高校生のとき、ある先生が私語をしている生徒に対して「おい、孤独と不安に耐えろ!」と独特な叱り方をしたことがあって、当時はそれが可笑しくて仕方なかったのだが、今になってその言葉の重みを噛みしめている。

@saburo124 @chi4hi1ro2 国語の先生でしょうか??日本語の使い方が素敵ですね。私も心に残るような言葉で叱らたいです。

@saburo124 うちの会社のずーーっとお喋りしているお局様達に伝えたい…。

@saburo124 素敵な先生ですね。 今の人たちは 誰かと繋がっていないと不安になります。 友達、親友、ソウルメイト、などと 言いますが 私は、人生において 大切な友人は ほんの数名で十分と思っています。

◆『戦闘機が上空を通るとき、その国が…』

ツイッターでブルーインパルス見てると昔、イラン人が言ってたことが思い出される。 「戦闘機が上空を通るとき、その国がどんな国かわかる。人々が物陰に隠れることなく楽しそうに見上げたりカメラを向けるのがいい国だよ。だから平和な国はバンバン戦闘機を飛ばすべきなんだ」そう言ってた。

これは僕が10年以上前、飲み屋の隣の席で飲んでたイラン人のおっちゃんから聞いた話。おっちゃんは20年以上前に戦争で日本に逃げてきたらしい。「酒飲んでいいの?」って聞くと「俺は神様と色々あったからな」って笑ってた。

おっちゃんの「だから平和な国はバンバン戦闘機を飛ばすべきなんだ」を補足すると、「戦闘機で人々を楽しませることが出来るのは、平和な国の特権なんだぜ。戦闘機で殺し合いなんて死ぬほどくだらねぇよ」ってニュアンス。

@mui_king うちの祖母は今でもB29の音は忘れないし、間違えないとよく言ってるので…おっしゃる意味がイメージ出来ます…。

@mui_king こんにちは ブルーインパルスって 平和の象徴ですよね*\(^o^)/*

@CANA30207831 @mui_king 東京オリンピックでの五輪飛行の奇跡。 誰もが不可能と思った技を成し遂げ、日本人に大きな勇気と希望を与えたブルーインパルス。 スモークがモールス信号のThank Youの意味と聞いて、さらに感動。

◆『ずっとそのイメージを大事にしてきた…』

何歳になっても雰囲気や所作がキレイな患者さんに、秘訣を聞くと、「昔、主人に『紫陽花みたいな綺麗な人だ』みたいな褒め方をされてから、ずっとそのイメージを大事にしてきた。紫陽花みたいな人でいたいのよー」って笑ってて素敵だなぁ、と思いながら今スルメかじってる。

@musashi_0303 素敵なお話。 すっごく心惹かれた人に、 「凛としてる」って言われて 凛としてよう!笑って思っている自分が好きなことに、気づかされました笑 その方も幸せ それを気付いて表現させてくれた 中山さんも幸せ。

◆『死には2つある…』

昔、亡くなった難病の女性が「死には2つある。1つは命の死、もう一つは願いの死。1つめの身体の死が訪れても、誰かが私の言葉を覚えていてくれるか、その願いが続くかぎり私は生き続ける」と言っていた。 その言葉と別れた人達を思い出すと辛くても立ち直れる。それが縁という価値だと思っている。

1 2 3