1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yukihirotoさん

■アーモンドアイ

アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は今年初戦となった前走のヴィクトリアマイルを持ったままで4馬身差圧勝。改めて現役最強の力を見せ付け、史上最多タイの芝GI・7勝目を飾った。昨年はスタート後の不利もあって3着に敗れたが、今年はその雪辱といきたいところだ。

ドバイターフが中止になり、仕切り直しとなった前走のヴィクトリアマイルを4馬身差で圧勝。GⅠ7勝をマークしている歴史的な名牝である。昨年の安田記念はスタートで他の馬に寄られるシーンがあって3着に敗れたが、ここはその雪辱を果たす絶好のチャンスだ。

こうなるといよいよアーモンドアイとコントレイルとデアリングタクトでマジの最強馬決めてみてほしくなってきたゾ

さらに去年よりもゲート上手くなってるアーモンドアイを負かせる馬を探すのは愚かなのかと思ってきた、、

■ インディチャンプ

インディチャンプ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年の春秋マイル王。今年は、初戦の中山記念こそ4着に敗れたが、続くマイラーズCできっちり良化を示して勝利を飾り、順調にここまで駒を進めてきた。昨年同様に強敵を破って、グレード制導入以降では3頭目の連覇達成なるか。

昨年は安田記念とマイルチャンピオンシップを制覇し、同年度のJRA賞最優秀短距離馬を受賞した。休養明け初戦となった前々走の中山記念は4着だったが、前走の読売マイラーズCで自身4度目の重賞制覇を達成。本レース連覇に向けて視界は明るい。

@Rk10Ozk ネタ抜きでマジでやめとけ ブッ込むならインディチャンプにしとけ

■ ダノンキングリー

ダノンキングリー(牡4、美浦・萩原清厩舎)はこれまで重賞3勝。GIでも昨年の日本ダービーで2着、前走の大阪杯で3着など惜しい競馬を続けている。今回は[3-1-0-0]と好相性を誇る東京コース。怪我から復帰した戸崎圭太騎手とのコンビで、悲願のGI初制覇なるか注目したい。

1番人気の支持を受けてGⅠ初制覇を狙った前走の大阪杯は3着だったが、勝ったラッキーライラックとはクビ+クビ差で、悲観するような内容ではなかったはずだ。東京の芝コースで4戦3勝をマークしている適性の高さにも注目したい。

ダノンキングリーは悪い意味でオールマイティ 今の日本の馬場なら何でもある程度こなすけど、G1で突き抜ける様な何かを持っていない なので、足りない何かを逃げで補おうとした横山騎手は流石と言えるがそれでも勝てなかった 今回もやっぱり「ある程度」の着順かなぁ #安田記念 #ダノンキングリー

■グランアレグリア

昨年の桜花賞をレースレコードで優勝した、世代トップクラスの能力を誇る牝馬。前走の高松宮記念は初めての芝1200メートル戦だったが、最後の直線では豪快な末脚を披露して2着(3位入線繰り上がり)に入った。牡馬相手のGⅠでも通用する能力があり、ここも要注目だ。

安田記念 アーモンドアイは外せない。 けど、もしかしたら勝てるんじゃ?と 思ってるのはグランアレグリア。 展開ハマれば一発あると思ってる。 桜花賞アーモンドアイのタイム超えてるし高松宮記念3着でしたがあの末脚は恐ろしいと思うハマればね! #競馬予想

1 2