1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

少しずつちいさな配慮をする人が増えています。

senegirlsさん

今年は「脱プラ元年」になりそう

小泉環境相「持ち帰りで使用される容器が、プラスチックでないようなかたちが出てくる、そういったようにやっていきたい」

家庭のごみを減らすためには…

スーパー2軒、コンビニも歩き回りましたが、どこも同じ。魚や肉にはプラスチックトレー。

スーパーマーケットで販売される食品は過剰包装が多く、しかもリサイクル不能な素材が使われていることも多いという。

そもそもなぜプラ容器が多いのか

「コンビニとかスーパーだと、説明してくれる人がいませんから、この商品自身が自分を売り込まないといけないんで」

「みそを買いに来た人に、ここにありますと、まず分からないといけなくて。おいしいみそです、こういうみそですって、全部分からないと手に取っていただけない」

地元の八百屋、パン屋、肉屋、魚屋、チーズ専門店などに行けば、包装されていない食品が売っていますよ。

最近では…

あ、今日は「プラスチックのごみ」の日か…そう思ってゴミ袋を見てみると、「こんなにプラスチックを使っていたんだ…」と驚く

普段から「割り箸やストローを断る」という人が24%、およそ4人に1人が実行しているという状況だ。

この夏にはレジ袋が有料化

マイバッグやマイバスケットを持ち歩くことで,レジ袋はもらわずに済ませることができます。

日本全国では,1年間にLLサイズのレジ袋が305億枚使用されていると推計されています。

また、生ゴミを減らすために…

食べ残し、売れ残りや期限が近いなど様々な理由で、食べられるのに捨てられてしまう食品「食品ロス」

日本の食品ロス量は、年間600万トンを超え、毎日、大型トラック(10トン車)トラック約1,700台分の食品を廃棄しています。

また、日用品を見直すのも手

1 2