1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

kazooneさん

■今こそ観てほしい!『ハリエット』(6月5日公開)

1849年アメリカで奴隷制度撤廃のために命を懸け、女性奴隷としてたった一人で逃亡し数多くの奴隷を解放した英雄ハリエット・タブマンの人生を描いた映画『ハリエット』。

3月27日に公開予定だったものの新型コロナウイルス感染拡大の影響により公開延期となっていた。6月5日に遂に公開される。

今、アメリカで起こっていることを理解するためにも、鑑賞したい作品。 映画『ハリエット』奴隷解放に命をかけた黒人女性、その激動の人生を描く fashion-press.net/news/56550 @fashionpressnetより

☆封切前 #ハリエット 6月公開。黒人奴隷制度が変わりつつある時代に奴隷開放を手掛けた女性をテーマに。主演女優候補となったエリボの演技に注目。脚本の起伏は普通。未だに絶えない差別感情の根底を観ることになる作品。 #映画好きと繋がりたい #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/YjJtjfP2tm

・奴隷制撤廃に命を懸け黒人のモーゼと呼ばれたハリエット・ダブマン

黒人奴隷を逃がす秘密組織“地下鉄道”の車掌として活動した彼女は、指名手配されながらも一度も失敗したことがない奇跡的な成功率から、「黒人のモーゼ」とも呼ばれていた。

オバマ政権時、初のアフリカ系アメリカ人として初めて紙幣に起用することを決定されたが、その後、トランプ政権が計画の延期を発表するなど物議を呼んでいる。実現すれば紙幣に女性が描かれるのも約100年ぶりの事となる。

・ハリエットを演じたのはアカデミー賞の圧巻のパフォーマンスが話題を呼んだシンシア・エリヴォ

ハリエットを演じるのは、2016年にトニー賞主演女優賞、グラミー賞、エミー賞ほか数々の賞を総なめにした実力派のシンシア・エリヴォ。

シンシアは、第77回ゴールデングローブ賞、第92回アカデミー賞で主演女優賞と、自ら歌うテーマ曲「スタンド・アップ」が主題歌賞にダブルノミネートされた。

今年のアカデミー賞授賞式では、映画の主題歌を歌った彼女の圧巻のパフォーマンスが話題になった。

アカデミー賞の映画「ハリエット」のSTAND UPを歌ったシンシア・エリヴォの歌、素晴らしいわ〜!!

録画してたアカデミー賞授賞式を見ました。そしてシンシア・エリヴォに全ての心を持っていかれた。めちゃくちゃかっこいい。ハリエット絶対観に行く。

■『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(6月12日公開)

世界的ベストセラー小説『若草物語』をグレタ・ガーウィグ監督が映画化した『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』。

『ハリエット』と同じく3月27日に公開予定だった本作は、初夏絵の公開延期が発表されていた。そしてこの度、6月12日に公開することが決定した。

主演のシアーシャ・ローナンをはじめ、本年度アカデミー賞では6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した今年の話題作。

東京は出歩くのはまだあれだけど、若草物語は見に行けたらいいな

子どもの頃初めて観て本でも読んだ若草物語を、あの頃の気持ちを思い出しながら観て感動したいです。 #ストーリー・オブ・マイライフ観たい twitter.com/speeiga/status…

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』を緊急事態宣言解除後の劇場で観る最初の作品にしよう

・南北戦争の時代を強く生きた4姉妹の物語『若草物語』(Little Woman)

1 2