1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

兄は望んでいない。米・死亡黒人男性の弟の言葉が深すぎる

警官に取り押さえられて死亡したジョージ・フロイドさんの弟が民衆に向かって問いかけたこととは。

更新日: 2020年06月03日

17 お気に入り 49345 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■アメリカで行われているデモ

夜間になると破壊や略奪、そして暴徒化した人たちが警官隊と衝突する事態も相次いでいて、社会不安が

人々は怒りを抑えきれない。大規模な抗議集会はニューヨーク市でも行われ、日に日に過激さが増している

■ホワイトハウスでも緊張が

トランプ氏がホワイトハウスの中庭で演説する直前にバー司法長官が警察に対し、ホワイトハウス横ラファイエット広場にいるデモ隊を追い払うよう直々に要請

抗議デモが過激化していることを受け、各州の知事や市長が必要な措置をとらなければ軍を配備すると明らかにしました

トランプ大統領のコメントです。

■このデモの要因となっているのが

彼は自分を押さえつけた警察官に、何度も「プリーズ」と繰り返しながら死んでいった──

店のオーナーはフロイドさんが支払いに偽札を使ったと警察に通報した。駆け付けた警察官らの話では店のオーナーは恐らく麻薬の作用で正常な状態にはなく、最初は店の外に出ることも拒否した

その騒動で駆け付けた警察官に取り押さえられ死亡。

■警官による首への圧迫で死亡した「フロイドさんの弟」が民衆に訴えている

ミネソタ州ミネアポリスで白人警官に殺されたジョージ・フロイドの弟のテレンス・フロイド

暴動に対して「兄はこんなことを望んでいない。兄が愛した街を破壊しないで」と涙ながらに訴えた

■怒りはある、でも破壊行為は違う

「みんなが怒っているのは分かる。でも僕の怒りの半分にも満たないと思う。そんな僕でさえ暴れたり、物を壊したり、地域社会を破壊していないのに、みんなは何をしているんだ?」

「兄はこの街を愛していた。怒りを爆発させ、破壊行為を行っても、何の役にも立たない。そんなことをしても、私の兄は帰ってこない」

テレンスさんは、事件に関与した警察官全員の刑事責任が問われるべきだと話したうえで、「怒りや暴力ではなく、平和に抗議活動をしてほしい」と訴えました

■更にテレンス・フロイドさんは

警察による暴力は繰り返されているとして、選挙に行って投票することが社会を変えていく上で必要だと訴えています

フロイドの発言は、全米の各都市で抗議活動を行う人々の間で広がる、暴力行為をやめて政治的変革をもたらそうという声につながっている

1 2