脳とパズル by アマナイメージズ

以下の場合は 180日を超えて実施が可能

通則4。4の2より

①リハビリテーションを継続することにより状態の改善が期待できると医学的に認められる場合、
➡継続書を毎月作成し

②治療上有効であると判断される場合
➡継続書を3カ月に1回作成

この情報が含まれているまとめはこちら

医療保険下での言語聴覚士の単位取得や制度について(脳血管は期限を超えてできる?)

医療保険制度は年々複雑になり、知らなければいけない事も増えていきます。管理者は頭が破裂しそうなはず、今回はSTさんの内容をまとめてみた

このまとめを見る