STさんの領域である高次脳機能障害や失語症に関しては、長期間の介入や長時間かけて改善する例もみられることから、180日を超えて実施する事に、医療保険も比較的寛大である。
しかしながら、そこには定期的な評価と医師の判断が不可欠なので、以下の事に留意したい

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

医療保険下での言語聴覚士の単位取得や制度について(脳血管は期限を超えてできる?)

医療保険制度は年々複雑になり、知らなければいけない事も増えていきます。管理者は頭が破裂しそうなはず、今回はSTさんの内容をまとめてみた

このまとめを見る