失語症などの言語聴覚療法が必要な疾患を含む疾患に係る脳血管疾患等リハビリテーションが必要な患者について、作業療法及び理学療法を実施している保険医療機関に言語聴覚士がおらず、言語聴覚療法が実施できない場合には、他の保険医療機関で言語聴覚療法を実施しても良いか?

出典■疾患別リハビリテーション料の再改定案(h19.3.14中医協)

同一の疾患等に係る疾患別リハビリテーション又は疾患別リハビリテーション医学管理については、一つの保険医療機関が責任をもって実施するべきである。ただし、言語聴覚療法を実施できる保険医療機関が少ないこともあり、当分の間、他の保険医療機関において、言語聴覚療法を実施し、言語聴覚療法に係る疾患別リハビリテーション料又は疾患別リハビリテーション医学管理料を算定しても差し支えない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

医療保険下での言語聴覚士の単位取得や制度について(脳血管は期限を超えてできる?)

医療保険制度は年々複雑になり、知らなければいけない事も増えていきます。管理者は頭が破裂しそうなはず、今回はSTさんの内容をまとめてみた

このまとめを見る