出典 manseiki.net

診療報酬の考え方

最も高い脳血管リハビリテーション料(Ⅰ)の場合。算定日数上限(180日)を超えたときに、リハ実施により改善が期待できる場合には、継続理由書を書けば2,450円のままだが、書かなければ単なる維持期リハになり1,470円の13単位に。

 続いて退院したとき。リハ実施により改善が期待できる場合は、継続理由書を書けば2,450円のままだが、書かなければ介護保険の維持期リハに移行する。

この情報が含まれているまとめはこちら

医療保険下での言語聴覚士の単位取得や制度について(脳血管は期限を超えてできる?)

医療保険制度は年々複雑になり、知らなければいけない事も増えていきます。管理者は頭が破裂しそうなはず、今回はSTさんの内容をまとめてみた

このまとめを見る