1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

□急激なダイエットは身体に様々な不調を引き起こす

急激なダイエットを行ったせいで体調を崩したり、最悪の場合死に至るというケースが近年メディアなどを通じてよく紹介されるようになりました。

ひとつの食品しか食べない単品ダイエット、サプリメント中心の食事は、健康を維持できなくなり体がボロボロになっていきます。

特に20歳前後の若い女性の方は急激なダイエットをしがちです。それに加えて、体重だけ気にするようなダイエットをしている方がほとんどだと思います。

□理想のダイエットペースは1ヵ月で体重の5%

スタート時の筋肉と脂肪の比率はもちろん、遺伝的なことまで含めると個人差が大きいくて明確な答えがあるわけではありません。

この範囲の押さえておけば、極端な空腹を我慢することもなく健康も損なわずに取り組めます。また、停滞期も起こりにくいとされています。

□過度なダイエットをする事による弊害とは

肝臓にとっては飢餓状態となって「これは蓄えとかなきゃ」というふうに肝細胞が行動するんです。あっ血液中にこんなに脂肪が…!」とせっせと肝臓に脂肪をため込みます

肝臓は糖分の貯蔵庫でもありますが、脂肪がたまっていると糖分をあまり蓄えられないため血中の糖分が多くなり食後血糖値が高くなってしまうということです。

□ストレスの蓄積によるうつ病

目標体重をクリアして普通の食事にもどると、急激に摂り込まれた糖質により、インスリンの分泌量のコントロールが効かなくなることがあります。すると血糖値が安定しなくなり、精神的にも不安定になりがちです。

特に、うつになると、倦怠感や気分の落ち込みから何を食べても味がわからなくなり、食事への欲求がなくなっていくことで体重減少を引き起こします。

最初は軽い気持ちではじめたとしても徐々に体重が増える事に恐怖を覚えるようになることもあります。

□皮膚のたるみ

体重は落ちたけど、お腹やお尻、ほっぺたの辺りはお肌が垂れてしまった・・・ということもあります。

皮膚というのは伸び縮みするものです。太ってしまうと皮下脂肪が増えるので、それを包むために皮膚は頑張って伸びようと対応してしまうのです。

急激なダイエットによって痩せる事で、本来元に戻るはずの皮が戻りたくても脂肪の減少スピードに追いつけず結果的に残ってしまうことで皮膚のたるみは生じるのです。

□美容に多くの悪影響を与える事も

ダイエットで急に食事を減らすと、食欲を我慢しなければいけません。すると、それがストレスとなり、髪の毛が抜けやすくなります。

たんぱく質や脂質が必要以上に不足してしまうと、皮脂が十分に分泌されず、肌が乾燥してガサガサになり、吹き出物などもトラブルも引き起こしやすくなります。

1 2