1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

小南満佑子に加弥乃…『エール』 東京編の女性キャストが魅力的だった

NHK「連続テレビ小説」第102作として放送中の『エール』。東京編に出演する女優の方々の存在感が目立っています。夏目千鶴子役の小南満佑子さん、杉山あかね役の加弥乃さん、希穂子役の入山法子さん、梶取恵役の仲里依紗さん、双浦環役の柴咲コウさん。

更新日: 2020年06月06日

4 お気に入り 12540 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

□NHK「連続テレビ小説」第102作として放送中の

昭和の名作曲家・古関裕而と妻の金子をモデルに悲喜こもごもの人生を描くNHK連続テレビ小説「エール」

古山裕一を窪田正孝、のちに裕一と結婚する関内音を二階堂ふみが演じる。

そんな同ドラマ、物語を盛り上げる女性キャストも脚光

□夏目千鶴子 役の『小南満佑子』

NHK朝ドラ『エール』 いよいよ明日5月12日(火)から 夏目千鶴子 登場致します! 一人でも多くの方に音楽の力をお届けできますように…♪ 皆様是非ご覧下さい✨ @nhk_yell #nhk #朝ドラエール #夏目千鶴子#小南満佑子 instagram.com/p/CAB8_5Wgmu6/… pic.twitter.com/1G0cN7UmYh

夏目千鶴子さんの歌唱力は努力の賜物なのか。それにしても上手い!#エール

そんな彼女、音大卒で舞台を中心に活躍する実力派

#イノサンmusicale 本日も二回公演無事終演。 ご来場有難うございました✨ 今回人生初めての金髪…! この格好をしていると、「金の斧?銀の斧?」感が若干出ちゃいますが、アントワネットです(。・ω・。)笑 明日も二回公演頑張るぞ! pic.twitter.com/R2t5KzWXDc

そんな千鶴子を演じている小南は1996年8月10日生まれ。東京音楽大学を卒業している実力派

2015年ミュージカル『レ・ミゼラブル』で本格的に舞台出演を果たす。

宮本亞門による演出の「イノサンmusicale」ではマリー・アントワネット役を務めた。

□杉山あかね 役の『加弥乃』

「コロンブスレコード」のディレクター・廿日市誉(古田新太)の秘書・杉山あかねを演じる加弥乃(26)

杉山は、昭和初期でありながら、ヒット曲を量産するレコード会社の秘書という人気の仕事に就く、言わば先進的な“職業婦人”。

福島から上京してきたばかりの、どこの馬の骨とも分からない裕一に対し、常に上から目線でクールに対応するさまは、かなりのインパクトなのだ。

女優として映画、テレビ、舞台と幅広く活躍

2歳から芸能界に入ったという加弥乃は、現在26歳ながらキャリア24年という“若き熟練者”。

女優としては映画、テレビ、舞台と幅広く活躍し、映画「W~二つの顔を持つ女たち~」(2015年)では主演も務めた。

□希穂子 役の『入山法子』

1 2 3