1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

rarararaluさん

クラウドとティファの関係は?

ティファはいろんな立場を合わせ持っているんですね。母のようでもあり、恋人でもあり、一緒に戦ってきた戦友でもある。

出典ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン ~Reunion Files~

今作品の監督 兼キャラクターデザイン担当の野村哲也氏のコメント。

FF7本編終了後のクラウドの様子

セフィロスとの決戦後、仲間達はそれぞれの帰る場所へ。クラウドとティファは新たな人生を共に歩み始めます。

「これから始まるんだ。新しい……」
クラウドは言葉を探してから「新しい人生」と言った。
「俺は生き残ってやる。そうすることでしか、許されないと思うんだ。いろいろ……あったから」
「そう……だね」
「でも、新しい人生が始まると考えたことは何度かあったなと思ったら、おかしかった」
「どうして?」
「全部失敗した」
「笑えないよ」
「……今度は大丈夫だと思うんだ」
クラウドは随分長く黙り込んでから言った。
「ティファと一緒だからな」
「ずっと一緒だったじゃない」
「明日からの話だ」クラウドは再び笑顔で答えた。

出典On the Way to a Smile ファイナルファンタジーVII

飛空艇から地上を眺めながら、穏やかな微笑みを浮かべていたクラウド。これから新しい人生が始まる。今までは全部失敗したけれど、今度はティファがいるから大丈夫。
ティファと共に歩む未来に期待を膨らませ、その想いを彼女に伝えます。

【改定後】
「……次は大丈夫だと思うんだ」
クラウドは少しの間考えてから続けた。
「今度はティファと一緒だから」
「ずっと一緒だったじゃない」
「少し、意味がちがうんだ」クラウドは再び笑顔で答えた。

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

改定前より少し遠回しな伝え方に。

バレットは浴びるほど飲み、気持ち良さそうに平和だった時代の思い出を語った。
酒を飲みすぎて井戸に落ちた事。今は亡き妻に結婚を申し込む時も酔っ払ってわけがわからなくなったこと。
ティファとクラウドは久しぶりに声を出して笑った。

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

声を出して笑う姿もありました。

不安定なティファを側で支えるクラウド

アバランチの一員として、私はこんな思いを大勢の人にさせたんだ。さらに涙があふれてきた。
「ごめんね。ごめんなさい」
肩にクラウドの手を感じた。ティファがどこかへ行ってしまわないように、しっかりと抑えてくれているようだった。

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

仲間達と忘らるる都を訪れた時。

二人きりの時にクラウドが言った。
「あまり思い悩むのはティファらしくない」
「私は……こんなもんよ」
「いや」「もっと明るくて強い。忘れてしまったのなら、俺が思い出させてやる」
「本当?」
「たぶん」照れながらクラウドは言った。

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

改定後は「明るくて」が削除。

自分達の行いで多くの犠牲者を出してしまったと、罪の重さに苦しむティファ。そんな彼女を側で支えるクラウドの姿が見られます。

「さあ、帰ろう」とクラウドが言った。
「どこへ帰るってんだよ」とバレット。
「中断された現実」
「なんだそれ?」
「普通の生活さ」
「そんなもん、どこにあるんだ」
「さがすさ」
クラウドはティファを見て言った。「な?」

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

「普通の生活を一緒に探そう」とティファに呼びかけているよう。

家族のかたち

「ちゃんとここんちの子供になるからね!」
マリンのその言葉にクラウドとティファは顔を見合わせた。ここんちの子供?
「ティファとクラウドのことはまかせて!」
振り返ったバレットは大声で言った。「しっかりな!」
少し声がかすれていた。「家族で力合わせてがんばんだぞ!」

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

バレットが旅立つ日の、バレットとマリンの会話。クラウドとティファの前で2人の子供になると宣言。動揺する2人の姿が浮かぶようです。

一緒に暮らしている期間はまだ短いが、クラウドとティファを両親のように慕っており、彼らとの絆は強い。

出典ファイナルファンタジー7 10th アニバーサリーアルティマニア

デンゼルのキャラクター紹介文より

クラウドとティファの夫婦に、マリン・デンゼル2人の子供たちという家族の形が出来上がります。

次第に塞ぎ込み、家族の元から離れたクラウド。その胸中は?

配送屋として世界中を回るうち、心が過去に引きずり戻されてしまったクラウド。中でも、エアリスの養母エルミナからの依頼で忘らるる都に花束を届けに行ったことは、心の傷を大きく抉る出来事でした。

「いっしょに、がんばろうよ」
クラウドは答えない。

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

いつか罰せられる日が来るかもしれないが、その日まで精一杯生きよう、とティファは犯した罪との折り合いをつけ、前を向いて歩き出しました。そんなティファとは対照的に、塞いでしまったクラウド。この時は彼女の声も届かず…

「でも、今、危機に瀕している命を救うことならできるかも知れない。それなら俺にもできるかも知れない」

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

新たな家族を招いたことでクラウドに変化が表れます。伍番街の教会で出会ったという星痕症候群の少年デンゼル。失われた命は取り戻せないけれど、まだある命を救うことは出来るかもしれないと話すクラウドは、デンゼルを救うことでエアリス達への罪滅ぼしができると考えたのかもしれません。

「エアリスがあの子を連れて来たのは、私たちのところ、でしょ?」
クラウドはティファを見つめている。やがて微笑む。
何もかも大丈夫だと思わせる優しさがあった。

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

(デンゼルは)エアリスが俺のところへ連れてきたんだと思った、と話すクラウドに"私たち"のところだと返すティファ。「1人で背負わないで」というティファの想いを感じ取ったのか、優しく微笑むクラウド。しかし、直後に彼は家を出てしまいます。この時に星痕症候群を発症したのかもしれません。

いまが幸福であればあるほど、つらい“思い出”がクラウドをさいなむ。

出典ファイナルファンタジー7 10th アニバーサリーアルティマニア

ティファや子どもたちと暮らす幸福を実感するほどに、それを失うことへの恐怖が、過去の後悔とともにクラウドを苦しめる……。

出典ファイナルファンタジー7 10th アニバーサリーアルティマニア

クラウドはもともと決してカラッとした性格でもないし、ティファと暮らし始めて仕事も始めたんだけど、今まで体験したことのない平和な暮らしを手に入れて、逆に不安になったんです。そんな中で自分も星痕症候群にかかってしまい、大事な人を守るどころか、自分が死に直面しなければならなくなり、逃げ出したと。

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

座談会での野島氏(シナリオ担当)のコメント。

「罪」「助けられない」「許されたい」

「俺は生き残ってやる。そうすることでしか、許されないと思うんだ。いろいろ……あったから」

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン プロローグ

「お前(ザックス)のぶんまで生きよう。そう決めたんだけどな」

「俺には誰も助けられないと思うんだ。家族だろうが、仲間だろうが……誰も」

「許されたいんだと思う。うん。俺は許されたい」

「本当に誰も助けられないな…」

「だって見殺しにしたんだぞ?」

「罪って許されるのか?」

出典ファイナルファンタジー7 アドベントチルドレン

1 2