アメリカでは、攻撃的な争いを売りにする監視型リアリティ番組が(暴力的なフィクションよりも)視聴者の攻撃的な反応を生みやすいとする調査結果も出ている。また、英国社会では「自ら出演を選んだのだからバッシングされるのも自己責任」といった向きも根強いとされる。

出典性行為30回で億万長者に、自殺者は3人に リアリティ番組が過激化したイギリスでの顛末(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

テラスハウス出演者が自殺 リアリティ番組の危険性

日本だけじゃないリアリティ番組の問題

このまとめを見る