1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

いま稼げると話題の「プログラミング」。でも初心者だと、どのプログラミング言語が稼げるか、違いがわからないですよね。そこで今回は「稼げるプログラミング言語」をまとめました!

techtech3さん

世界のトレンドはアメリカから!アメリカで稼げるプログラミング言語は?【Rubyが最も高い!】

以下はアメリカ内のエンジニアの統計となりますが、Indeedが調査した言語別の平均年収のランキングです。

1位:Ruby/Ruby On Rails(USD117,147)
2位:Python(USD116,027)
3位:C++(USD115,597)

アメリカではRubyが最も稼げて、次点でPython、次いでC++となっています。

日本で稼げるプログラミング言語は?【Ruby、PHPが最も高い!】

プログラミングで稼ぐならWeb系言語を選んでおくことが無難でおすすめです。具体的な言語としてはRubyやPHPが良いと思います。

どちらも案件が世の中に豊富にあるので、いざ習得した後も仕事に困りにくいからです。僕も最初はRubyを学びましたが、Ruby案件はいろんな場所に案件がありますので、仕事は見つけやすいです。PHPも同様です。

稼げるだけでなく、求人数が多い言語は?【Javaの存在感】

【やはり求人数ではJavaが圧倒的な件数】
クリエイター専門エージェント「レバテックキャリア」が2019年6月11日に発表した「プログラミング言語別求人案件割合ランキング調査」によると、開発案件の全求人のうち31.10%がJava言語による開発案件となっており、求人件数で見た場合Javaが他を圧倒しています。

【求人数】
Java:約23000万件
PHP:約15000万件
C#:約10000万件
Ruby:約7000万件
Python:約6500万件

プログラミングを学んでフリーランスになればこれだけ稼げる!

【フリーランスエンジニアの平均月収】
全体の2.7% :20〜39万円/月(年収240〜468万円)
全体の30.4%:40〜59万円/月(年収480〜708万円)
全体の39.4%:60〜69万円/月(年収720〜828万円)
全体の21.4%:70〜79万円/月(年収840〜948万円)
全体の6.1% :80万円以上/月(年収960万円以上)

1