1. まとめトップ
  2. カラダ

血液に肝臓。人の手により生成される「人工〇〇」に夢が広がる

人工血液や人工肝臓など、人の手によって生成される人体の一部に夢が広がります。

更新日: 2020年06月19日

11 お気に入り 10949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています

PINKMOMOさん

■コロナ禍で一躍有名になったのが人工心肺

心臓の手術を行う際には「血液」と「拍動」の2つの大きな問題を解決しなければなりません。そのために使用するのが人工心肺(体外循環)と呼ばれる装置

新型コロナウイルスの治療薬やワクチンの開発に時間がかかる中、肺炎になった重症患者を治療する最後の切り札となるのが人工心肺装置(ECMO=エクモ)

カテーテルなど心臓血管分野で強みを発揮する最先端医療機器メーカー、テルモはECMOで国内シェア7割を誇る

■命を救う装置として活躍した

@hiroyoshimura 確かに重傷者は立派な病院ではなくて、エクモや人工呼吸器を扱える医療従事者が命を救う。医療従事者を守る為にコロナにならない様1人1人がディフェンス。そうすることで大阪府は経済対策をしっかりできる。

私の知人の旦那さん、エクモまでつける重症状態だったのですが本日無事に退院されたと連絡が☺️ 体重が10㌔以上減ったらしいですが…ホントに諦めなくてよかったと知人♪、助けて貰った命、長生きしますって旦那さんは仰ってるそうですおめでとうございます #コロナ感染 #エクモ #退院

今最優先するべきは、エクモや人工呼吸器、マスク、防護服等の生産です。ビル・ゲイツの予言通り、戦争ではなく感染症で沢山の人が亡くなる事態です。優先順序を変え、スピードアップしなければいけないと思います。

■そして「人工血液」も登場

アメリカ化学会の発表によると、赤血球の自然な能力にさらにいくつかの機能を備えた、新しい人工赤血球の開発に成功した

赤血球元来の能力を兼ね備えただけでなく、それ以上の機能を持つ高性能な赤血球が誕生したと話題

少子高齢化により血液の需給バランスが崩れつつあることも事実です。人工赤血球は、これらの問題を改善する新しい製剤

■人工赤血球は様々な可能性を秘めている

体内の局所を狙って送り届けるといった働きができるため、科学ニュースサイトの『Phys.org』はガン治療などにも期待できる

実用化に至るまでにはまだ時間がかかるとみられているが、研究チームは毒素を検出するなどさらなる可能性も示唆

迅速な酸素供給が鍵となる脳梗塞や心筋梗塞の初期段階の治療、移植用の臓器の保存などへの活用も期待

■人工赤血球には未来を感じる

人間の血液の機能を超える「人工赤血球」が誕生!薬物を自在に運搬し、がん治療にも期待 news.yahoo.co.jp/articles/f7d8c… 献血いらなくなる未来くるかな

この記事以外にも数本読みました。献血が減っても、酸素も抗がん剤も運べる存在で命を救える人は多いと思う。 1日も早く実用化出来れば。と強く思います。 人間の血液の機能を超える「人工赤血球」が誕生!薬物を自在に運搬し、がん治療にも期待|FINDERS finders.me/articles.php?i…

人工赤血球 医療目的以外にも、アスリートや兵士の身体機能を一時的に増加させられる他、高機動によって生じる高Gでも失神しにくくなる 再生医療、ナノテクノロジー、AI、サイバネティックスなど、どんどんサイボーグの世界が近づいているようです https://t.co/Lc7JG7I4dm

■九州大学は「人工肝臓」を

ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を分化させた細胞からミニ人工肝臓を作製、移植したラットの体内で肝臓として機能させることに成功

研究成果は3日、米科学誌電子版に掲載。武石助教によると、iPS細胞由来の人工肝臓の作製は世界初

1 2