1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

国家間のサイバー戦争勃発?オーストラリア首相が被害を報告

オーストラリアのスコットモリソン首相が、国レベルのサイバー攻撃を受けていることを発表しました。

更新日: 2020年06月20日

9 お気に入り 13403 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■オーストラリア首相から声明が

オーストラリアのスコット・モリソン首相は19日、同国の政府や公的機関などが、国家による高度なサイバー攻撃を受けていると明らかにした

「あらゆるレベルの、政府や産業などを含むオーストラリアの幅広い組織が、サイバー攻撃を行う者の標的にされている」

同国が政府や公共サービスなどを標的とした大規模サイバー攻撃を受けており、攻撃主体は「国家ベース」だと明らかにした

■高度なサイバー攻撃であるという見方

モリソン首相は「この程度の規模の攻撃を敢行できる国家次元の主体は多くない」としながらも、推定されるサイバー攻撃の主体については、具体的に公開しなかった

米国とカナダ、英国、豪州、ニュージーランドで機密情報を共有する5カ国「ファイブアイズ」でこの問題を頻繁に取り上げている

オーストラリア公共放送は、政府高官の話として、「背後に中国の存在がある」との見方を伝えている

■中国の国家的な関与が疑われている

モリソン首相は具体的な国の名前は挙げませんでしたが、オーストラリアでは、新型コロナウイルスの発生源に関する調査などをめぐり対立している中国の関与を疑う声もあがっています

彼らは中国について、ロシア、イラン、北朝鮮などと共に、こうした攻撃を仕掛ける能力をもち、オーストラリアとは同盟関係にない数少ない国の1つだと説明

「中国はインターネットの安全を断固守っており、サイバー攻撃の最大の被害国の1つでもある。われわれは一貫して、いかなる形式のサイバー攻撃にも反対しており、法に基づいて取り締まっている」と述べ、関与を否定

中国側のコメントです。

■中国とオーストラリアの関係は悪化している

先進国の中で、新型コロナウイルス危機からいち早く脱したオーストラリアが、中国との関係悪化に揺れている

2020年6月8日、中国政府は中国人に対してオーストラリアに旅行しないよう勧告。中国の文化観光省のWebサイトには、「決して豪州には行かないように」との通知

オーストラリアが中国との対立姿勢を鮮明にしている。6月11日、オーストラリアのモリソン首相が「中国の脅しには屈しない」と述べた

■なぜ両者の関係は悪化しているのか

新型コロナの発生源調査問題に反発した中国政府は、さまざまな形でオーストラリアをけん制、その対象は教育にも波及した

中国が激しく反発。オーストラリアへの人やモノの動きに次々と圧力をかけ、両国関係は悪化の一途をたどっている

中国は「制裁」とばかりに豪牛肉の輸入を制限し、豪小麦には80%超という高い関税をかけた。政治的な軋轢(あつれき)が生じると経済で報復するのは中国の常套手段

■このような経緯があるとはいえ、国家的なサイバー攻撃はありえない

日本も毎日のように喰らってるんだよなぁ… 豪政府やインフラ事業者などにサイバー攻撃、背後に中国との見方 | Article [AMP] | Reuters jp.reuters.com/article/austra…

豪政府やインフラ事業者などにサイバー攻撃、背後に中国との見方 reut.rs/2zIH9p1 自国の事に言及されれば「内政干渉だ」の一言で不快感を示しつつ、他国への干渉や海洋などへの侵略行為の手は緩めない。欧州の方々も実態に早く気付いて欲しいものだ。

海外「これは戦争じゃないのか?」 オーストラリアに大規模なサイバー攻撃。黒幕は中国である可能性大。 kaigai-hannou.info/insite_unique.…

1 2