ストレスホルモンであるコルチゾールの血液中の量は、朝に目覚めたときに多く、日中、夕方と減り続け、就寝前に最低値を示すのが一般的な推移となっている。

これは就寝中にコルチゾールの分泌が増えていることを示している。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

女性にとっては肌にも影響する「ストレスホルモン」!!ちゃんと知っておきたいこと!✰

今の社会はかなりストレスフル!更に、新型コロナ発生後は、マスクをずっとしなきゃいけない物理的ストレスまで加わって、何かと体調を崩す人も!ストレスホルモンを知ることで、ストレスと少しうまく付き合えるようになれたらラッキーかも。ストレスホルモンについてまとめてみました。

このまとめを見る