1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

今、しばらく遠出はできないので、行きたい気持ちをたかぶらせて今後の為色々計画を立てたいと思い立ち上げました

youくんさん

奥武山公園

ゆいレール下車からすぐの公園。公園内にはスタジアム、テニス場、体育館や武道館・プールなどのスポーツ施設、また、神社、お寺もあり沖縄の祭りやイベントの行事に使用することも多い施設
また、裏には公園もあり、子供も羽を伸ばせて遊べます。
セルラースタジアムもあり、プロ野球公式線も観戦することが可能です。

豊崎海浜公園

広大なビーチを目の前に事前予約をすると手ぶらでBBQも可能。
カフェもあり、近くにはDMM水族館やショッピングモールもあり。
海の刺激を感じられ、サンセットをキレイに見えるスポットです。

ウミカジテラス 瀬長島

「瀬長島ウミカジテラス」とは、那覇空港から車で約15分の瀬長島西海岸に隣接した傾斜地に展開する商業施設です。
沖縄・那覇空港近くの瀬長島に癒しと感動のアイランドリゾート。
空港滑走路が海と空港滑走路がキレイに見え、ウミカジテラス駐車場裏からにはビーチもあり、すぐに沖縄の砂浜に触れることも可能です。
空港からの無料シャトルバスもあります。
カイトサーフィンのスポットでもありますよ。

波の上ビーチ 波の上宮  うみそら公園

沖縄の那覇空港から車で15分の場所に位置する。空港や国際通りとの間に位置し、手軽に沖縄の砂浜・海を感じることができる場所です。近くにはグランピング施設もあり、手ぶらでBBQをすることも可能。

国際通り

那覇市にある沖縄屈指の観光地「国際通り」。那覇空港から車で約15分。バスやタクシー、モノレールで行きやすいです。お土産を購入するには最適な観光地です。国際通り屋台村をはじめグルメも充実。

首里城

累計入園者数5000万人を誇る絶対外せない沖縄観光スポット
沖縄県那覇市にある県内最大の木造建築物「首里城」。那覇空港より車で約30分、いわずと知れた沖縄屈指の観光スポットです。朱色で彩られたそのデザインは、他の日本の城とは異なり独特の趣があります
※2019年10月31日の首里城正殿の火災により首里城公園は臨時休園・休場していましたが、11月5日より一部施設が開園しております。

ケツメイシがいつもアルバムで使用するこの位置までは入場可能です。
守礼門なども通ることは可能で、首里の雰囲気や街並みは感じることが可能です。

沖縄県立博物館

沖縄の自然・歴史・文化・芸術を味わえる複合施設
博物館では、「海と島に生きる-豊かさ・美しさ・平和を求めて-」をテーマに、沖縄特有の自然、気候や風土、そこで育まれた歴史・文化を、本物の資料や模型、ダイナミックな映像を通して紹介しています。
 実際に手にとり体感できる「ふれあい体験室」があり、本物の芭蕉布の着物を着て、その軽さや風通しの良さを体感したり、沖縄の三線を実際に弾いてみたりと、子供はもちろん大人も夢中になって楽しめます。また、毎週末には、沖縄の伝統的な手づくりおもちゃのワークショップなど、親子で参加できる楽しいイベントを開催しています。
ここでしか買えない限定品、沖縄土産選びにも最適なミュージアムショップもあります。

マンゴーカフェ木の葉 豊見城本店

マンゴー農園直営なだけあって、マンゴーづくしのメニューです。
夏限定で、フレッシュの完熟カットマンゴーが加わっていました。フードメニューも魅力的なのですが、ここでぜひ食べてほしいのは、「かき氷 木の葉」
凍らせたマンゴーを丸ごと削るというかき氷はマンゴーカフェ木の葉ならではの濃厚さです!
そもそも「氷」がないので、いうなれば「マンゴー削り」というところでしょう
さらにすごいのが、アップルマンゴーとキーツマンゴーの2つからマンゴーの種類が選べること。

1