1. まとめトップ

やる気出てくるの?実際に読んでみた!~学生・社会人におすすめ、はじめての自己啓発本~

最近暇さえあればスマホをいじってしまっている。時間がもったいないから、ためになる本を読んでやる気を出したい!と思った時に読みやすいおすすめの本を紹介します。

更新日: 2020年06月23日

1 お気に入り 708 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

本は電子版よりも紙派です。

rowadasuさん

その1:『嫌われる勇気』

海外の偉いCEOが書いたようなタイトルと表紙ですが、日本で書かれたものだと知って驚きました。
自己啓発本コーナーに必ずと言っていいほど、平積みにされています。
読んでみると、哲学者と青年の対話形式でお話が進んでいくので読み進めやすいです。
しかも、この青年がなかなかの曲者で社会に対しての圧倒的な不信感と劣等感を抱いていて、
ある程度ネガティブ思考の読者も驚くのではないかと思います。
章ごとのボリュームがちょうどいいので空き時間に読むのにも適しています。
読了後は、他人の目を気にせず自分に必要なことに熱中しようという気持ちが沸き起こってきます。
対人関係で嫌なことがあった時は何回も読みたくなる本です。

その2『Think clearly』

こちらも、知る人ぞ知る自己啓発本です。
スイス航空会社のCEOも務めた経験を持つ方が書いています。
全部で52からなる人生をうまく生きる指針が載っています。
一つ一つが短いので毎日一個ずつ読んでいくこともできます。
ビジネス以外にも、日常生活での他人との上手な付き合い方や趣味への姿勢、パートナーとの過ごし方など様々な視点から書かれているので多くのことが学べます。
付せんを貼り付けて何回も読み返しています。

その3『マインドセット』

こちらは、心理学からやる気について説明している本です。
表紙にあるように「研究」という単語が使われており、本の中でも実際の実験内容とその結果が紹介されているため、理解しやすくなっています。
個人的には、難しい問題を与えられた小さな子供たちの実験が一番衝撃的でした。
しつけの違いで小さい子ですらやる気の種類が変わってしまうという結果はある種の恐怖すら覚えました。
これからお子さんを育てる方には是非読んでほしいです。
もうすでに大きくなってしまった私たちも、読んで実践することで自分自身で改善できるのが救いです。

その4『図解モチベーション大百科』

こちらも実験ベースでやる気をおこす様々な方法を紹介しています。
実験の参加者を見ると、海外のとても優秀な学生達なので、そのような人たちも課題の文面や、ご褒美の有無で結果が大きく変わることを知ると、自分ならもっと影響されるだろうと思います。
カラーやイラストも多く、飽きっぽい方も最後まで読みやすいですよ。

その5『夢をかなえるゾウ』

こちらはkindle unlimitedで読んで、気に入ったので紙の方も購入しました。
ファンタジー色強めなので普通に小説としても楽しめます。
日々の小さな習慣が大切なんだなということがよくわかる本です。
内容も実際に取り組みやすいものなので、読んだその日の興奮状態のまま良い習慣を始めることが出来ます。
シリーズで他にも出版されているので、気に入った方はそちらもどうぞ。

その6『3週間続ければ一生が変わる』

習慣つながりでこの本です。
101個の生活に取り入れたい習慣が紹介されています。
中にはまねするのが難しいものもいくつかありますが、これを完全に自分のものにできたら
人間としてレベルアップするだろうということが読んでいて伝わってきます。
毎朝タイムラインを追いかけることをやめてみたかったら、電車の中で読んだりすると
精神的に元気になれそうです。

わたしはだらけたときに、いくつか選んで読むと、自然と体を動かしたくなります。
おすすめです。

その6『人を動かす』

自己啓発本の四天王ともいえるのではないでしょうか。
デールカーネギーさんです。
装丁がいかつすぎて、手に取るのを避けていましたが、ハードカバーをたまたま手に入れたところ、思ったより内容がフレンドリーで驚きました。
これはデザイン性が仇となって、軽く自己啓発書読んでみよっかなという一見さんキラーとなってしまっているのではないかと思いました。
わかっちゃいるけど実際は忘れがちな他人と仲良くやるコツをこれでもかと詰め込んでいます。

英語版も載せました。個人的には英語版の方が安いし持ち運びやすくておすすめです。
洋書あるあるの文字の小ささはありますが、使っている単語もそこまで難しくないので資格試験の勉強がてらに読むのもいいですよ!!

記載されている人づきあいのコツを実践したら知り合いからスタバのドリンク券をもらえたので効果はあると思います。

おまけ『インターネット・ゲーム依存症』

おまけです。これは自己啓発本というよりかは、ゲームとかネットサーフィンやりすぎて、
今までの生活よりも本当に不規則になって危機感を覚えた人におすすめです。
体の不調を脳科学の視点から詳しく説明しているので、あいまいだった危機感が恐怖に変わります。
わたし一時、ゲームにのめりこみすぎて心身ともに不健康な状態でしたが、たまたまこの本を読んであっという間に冷めました。
ゲームの楽しみより義務感が上回ってしまい、以前より生活の質が落ちてしまって何とかしたい人におすすめです。

さいごに

ここまでわたしが実際に読んだ、読みやすい自己啓発本のおすすめでした。
この記事をきっかけに、あたらしい世界に出会えるような本を見つけていただけたら嬉しいです。
本を読むだけでもいいですが、実際に書いてあることを取り入れると体に定着しやすいし、モチベーションアップの効果も出やすいので、是非チャレンジしてみてください。

わたしも継続して読んでいくので、またまとめたいと思います。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

1