1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

自宅でもプチ贅沢をして、旅行気分を味わいたいと思いまとめてみました

youくんさん

沖縄アンチョビ

「沖縄アンチョビ」は、沖縄の近海魚である「ミズン」と呼ばれるニシン科の小魚を使用したアンチョビ。ミズンは、沖縄の透き通るような青い海で、9月頃から翌年の5月頃の間に収穫されます。水揚げされると、「大城海産物加工所」が、新鮮なうちに鮮度を落とさず加工。独特のうま味が生かされ、臭みが少ないのも特徴です

オリオンビアナッツ

オリオンビールのお土産で一番人気なのが「オリオンビアナッツ」です。オリオンビールを造る時にできるビール酵母を使ったお菓子で、タコス島唐辛子、ウコンカレー、アーモンドチーズの3種の味が楽しめます。

島とうがらしえびせんべい

「島とうがらしえびせんべい」は、えびせんべいに、沖縄県産の島とうがらしを練りこんだ、南風堂のお菓子。県産の島とうがらしは小ぶりでありながら香り高く、唐辛子よりも強い辛味が特徴。沖縄ならではの食材を使った、お土産にぴったりのお菓子となっています。サクサクした食感と、程よいピリ辛が止まらないおいしさで、おやつとして食べるのはもちろん、おつまみやお茶請けにもおすすめです。

おもろ 3種アソート

「おもろ 3種アソート」は、パイ生地の間に餡とクリームチーズが挟まっているお菓子。沖縄らしい「紅いも」、沖縄本島北部「やんばる」産の柑橘類「たんかん」、本島中部の伊計島でとれる芋「黄金芋」を使った、3種類のケーキが入っています。香ばしい折りパイ生地で、素材の風味を生かした餡とコクのあるクリームチーズをサンド。やさしくまろやかな甘さが口の中に広がります。

沖縄めんべい ラフテー&シークヮーサー風味

「沖縄めんべい ラフテー&シークヮーサー風味」は、株式会社山口油屋福太郎の口コミから広まった、福岡のお土産として有名な大ヒット商品、「めんべい」の沖縄限定バージョンです。「めんべい」は、めんたいと海鮮のうま味を凝縮した新感覚のせんべいですが、「沖縄めんべい」は、いか・たこ・明太子の海鮮のうま味に加えて、沖縄の伝統料理ラフテー(豚の角煮)の味を再現し、シークヮーサーの爽やかな風味も特徴です。

コーレーグス

沖縄県産の「島唐辛子」を生のまま泡盛に漬け込んだ沖縄独特の辛味調味料で沖縄そば店や沖縄料理店ではほぼ常備されている。沖縄そばはもちろんラーメンやうどん、刺身醤油にワサビ代わりに、パスタにタバスコ代わりに、和え物や鍋物など、辛いもの好きならどんな料理にも合う。減ってきたら、泡盛を足して使うことも可能。

北海道のチョコレートメーカーロイズの姉妹会社「ロイズ石垣島」の黒糖チョコレート。大自然に育まれた沖縄県産の黒糖がチョコレートと溶け合い、黒糖の素朴な美味しさが豊かに香る。パッケージも沖縄らしいイラストが描かれているので、お土産にぴったり。

ロイズ 黒糖チョコ

さんぴん茶

ジャスミンのさわやかな香りがするお茶。すっきりとした味わいで食事にもよく合う。
沖縄では普段から最も飲まれているお茶だといわれている。パックやペットボトルがコンビニなどで手軽に手に入り、ティーバックはお土産に便利。

サーターアンダギー

砂糖をたくさん使った球状の揚げ菓子。沖縄の方言で、サーターは砂糖、アンダギーは油で揚げたものという意味。表面はさくさく、中はしっとりで食べ応えがある。沖縄風ドーナツです。

沖縄ソーキそば

「沖縄そば」は小麦粉を使った中華麺に似た太目の麺と和風だしのスープを合わせたもの。ここに豚のスペアリブ「ソーキ肉」をのせたものが「ソーキそば」と呼ばれ「沖縄のソウルフード」「沖縄で一度は食べるべき」「クセになる味」と、県民の熱い支持を受けている。

1 2