1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

TEDmanさん

水を飲むと、水太りするというのは嘘!

水太りとは、体内に水が溜まり、老廃物として残ることです。太っている部分がぶよぶよしていたり、皮膚を押すと跡がついてなかなか元に戻らないことが特徴です。

水太りは、多くの人がよく「水の飲み過ぎが原因だ」と勘違いしています。しかし、水の飲み過ぎは関係なく、むしろ水は飲んだ方が痩せやすくなります。

ダイエット中の女性は特に水太りを気にしがちですが、これは細胞の新陳代謝が悪く、身体に溜まった余分な水分を汗や尿として上手に排出できない「体質」のことなのです。決して、水が脂肪に変化して太るということはありません。

水を飲むことによる効果

1.むくみの解消

むくみの誘因としてカリウム不足も考えられるので、ナトリウムが少なくカリウム分を多く含むミネラルウォーターを試すのもよいでしょう

2.便秘の解消

便秘の解消に効く代表的なものと言えば「食物繊維」ですが、実は水も効果的。便が硬いことが便秘の原因になっている場合、単純に便の水分量を多くすれば、便秘が解消する可能性があります。

冷やした炭酸水は腸を刺激しますので、毎朝、起きてすぐに飲むと効果的です。

3.ストレスや不眠の解消

お水には鎮静作用があるので、ストレスを感じたときに、ゆっくりお水を飲めば気分が落ち着きます。

たとえば、イライラした際、人の体温は上昇し、汗をかくことで水分が不足します。また、ストレスなどが原因で血中ナトリウムが増えて、血圧が高くなることも。そんなとき、コップ1杯の水を飲めば、水分不足を解消したり血中ナトリウム濃度を安定させたりして、イライラやストレスの解消になるでしょう。

4,ダイエット効果

常温の水をこまめに飲むことで、ダイエット効果が得られるとも言われています。水を飲むことで体が温まり、代謝がアップするからです。

水分補給を積極的に行い、体の活性度を高めるのが重要です。水には胃酸を薄めることで食欲を抑制する効果もあります。

5.美肌効果

体内の水分量が不足すると血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れの悪さによって新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーが正常に働かなくなるという症状が引き起こされることも。

水をしっかりとって体内の水分量を補えば、血液が循環して身体の老廃物がしっかり排出されることにより、新陳代謝が活発になることが期待できます。新陳代謝が活発になればお肌のターンオーバーも正常になるので、角質だらけのこわばった肌が改善され、身体の内側から美肌を目指すことができるのです。

正しい水の摂り方

1.一日あたり2.5Lの水分が必要

欧米の研究の成果によると水の必要摂取量の目安は生活活動レベルが低い集団で 1日2.3リットルから2.5 リットル程度、生活活動レベルが高い集団で1日3.3リットルから3.5 リットル程度と推定されています

食べ物からの摂取や体内で生成される水分もありますが、意識して摂取しないとすぐに水分不足に陥ってしまいます。

2.日常的には常温の水を

冷やしすぎはNG。吸収スピードが速いので、スポーツ後や入浴後に適してはいますが、身体に負担を掛けてしまいます。

1 2