1. まとめトップ

すべての道を走りつくせ! 日産ミニ四駆「キックス(PA0)」

三菱自動車が生産販売していたパジェロミニのOEMの日産の「キックス(PA0)」を紹介します!

更新日: 2020年06月28日

1 お気に入り 941 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

WLM64さん

すべての道を走りつくせ! 日産ミニ四駆

2008年2月27日
日産は同年秋頃に三菱自動車から軽自動車「パジェロミニ」のOEM車両の供給を受けることを発表。
2008年9月30日
車名を「キックス (KIX) 」と発表

2008年10月30日
三菱自動車よりH58型パジェロミニ後期型のOEM供給を受けて販売開始。テレビCMは野沢雅子がナレーターを務め、ウクライナのキエフで撮影された。キャッチコピーは「すべての道を走りつくせ! 日産ミニ四駆 KIXデビュー!」。CMオリジナル曲は「NISSAN MINI 4WD」。

グレード構成はベーシックな「RS(パジェロミニの「ZR」相当)」と上級グレードの「RX(パジェロミニの「VR」相当)」の2グレードで、いずれも5速MT車と4速AT車がラインアップされている。2代目・前期型エクストレイルを彷彿とさせる専用フロントグリルが与えられている。また、ボディカラーはチタニウムグレーメタリック(キックス専用色、当初はミディアムグレーメタリック)、デニムブルーパール、ラズベリーレッドパール(当初はレッド)、クールシルバーメタリック、ブラックパール、ホワイトパール3コートパール(キックス専用色)の6色展開。

パジェロミニとの違いは、外観ではフロントフェイスやスペアタイヤハーフタイプハードカバー等。メカニズム面ではFR車(「XR」系)や最上級グレード (「EXCEED」)、「VR」にカーナビを標準装備にした「NAVI EDITION VR」相当のラインナップの有無。ボディカラーでは2トーンカラーや3ウェイ2トーンカラーの有無が挙げられる。
位置付けとしては、ムラーノ(2002年11月発売)、デュアリス(2007年3月発売)、エクストレイル(2000年11月発売)などの弟。

2010年8月18日
パジェロミニの一部改良を受け、仕様変更。低燃費運転をサポートするECOインジゲーターを新たに追加。また、ボディカラーを見直し、ミディアムグレーメタリックとレッドを廃止し、替わってチタニウムグレーメタリックとラズベリーレッドパール(特別外板色)を追加した。

1