1. まとめトップ

めったにお目にかかれない「物腰が柔らかい女性」彼女たちの習慣って!?✰

物腰の柔らかい女性って、同性・異性関係なく誰もが好感や親しみを持って接してもらえます。羨ましい限りの人間性なのですが、そこには人知れず努力されていることも・・・ 1つでも2つでも取り入れていけたら、少しずつ素敵な女性に近づけます まずは習慣化できそうなところから行動していきましょう!

更新日: 2020年06月30日

2 お気に入り 1086 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

choco331さん

物腰が柔らかい・・・とは!?

「物腰」「柔らかい」と2つの言葉に分けるとわかりやすいです。

「物腰」とは、言葉遣いや周囲の人に対する態度のことを表します。

「柔らかい」とは、穏やかな様子を意味する言葉です。

このことから、物腰が柔らかいとは「言葉遣いや人への態度が穏やか」という意味になります。

物腰の柔らかい人の心持ちとは・・・

1. 常に余裕のある行動を心がけている

物腰が柔らかい人は、常に慎重で、動く前にしっかりと考える習慣があります。

そのため、その場の思い付きで焦って行動することはありません。

突発的に動くことがないので、大きな失敗や予想外のことで慌てることも少ないでしょう。

周囲の人への態度や言葉遣いが優しいだけでなく、行動にも穏やかさがにじみ出ています。

2. 自分に対して自信を持っている

自己肯定感のある人は、自分をしっかりと見つめて人に流されない強さを持っています。

物腰が柔らかい人は、物静かで一見自分の意見を言えない自信のない人に思えますが、自分の考えに自信を持っているからこそ、人にもゆとりを持って優しく接することができます。

物腰が柔らかい人は、芯を強く持ちながら人に対しては、優しく穏やかに接することができる人なのです。

3. 思いやりを持ち、他人との争いを好まない

人に対して物腰が柔らかい人は、誰に対しても威圧的な態度をとらず、いつでも平等に優しく接します。

自分に自信があるため、ゆとりある心で相手を観察し、相手の嫌なことを言ったり行動したりすることはありません。

感情的に行動することもなく、相手にも悟られない冷静な判断で人間関係を円満にする能力に長けています。

物腰の柔らかい女性になる習慣

1.ゆとりのある日常を心がける

物腰が柔らかい人にはゆとりがあります。

そのゆとりを保つために、事前準備をしっかりしたり、待ち合わせや出勤時間の10分前到着できる習慣が自然と身についていたりする人が多いものです。

滲み出るゆとりが物腰の柔らかさに繋がります。

2.怒りの感情をコントロールする

生きていれば、瞬間風速的にイラッとしてしまう瞬間は幾度もあるでしょう。

そこで声を荒げてしまったり、相手にチクリと嫌味を言ったりしてしまう人は物腰が柔らかいとはいえません。

ポイントは、怒りの感情を抱いたら、とりあえず5秒数えて深呼吸してから、相手と接すること。大人の対応を心がけましょう。

3.「べき論」を捨てる

自分自身をあらゆる「べき論」でがんじがらめにして、自分に厳しい人というのは大抵他人に対しても無意識レベルで厳しくなってしまうものです。

まずは自分のことをおおらかに許せてこそ、相手を優しく包み込むことができるようになるでしょう。

4.けなし言葉を使わない

「けなし言葉を使わない」というのも物腰の柔らかい人の特徴です。

どんなに気を付けていても人間は不測のトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

そんなときも暴言を吐かずに、冷静に他の言葉に置き換えて伝えるのが物腰の柔らかい人です。

例えば「面倒くさいので嫌です」というところを「用事がありまして参加できません」と言い換えるなど、極力トラブルを避けています。

物腰の柔らかい人は無駄な争いはしません。

5.目上や目下の人など関係なく、誰に対してもフラットな姿勢で接する

物腰が柔らかい人の特徴として、誰にでも丁寧な言葉遣いと穏やかな接し方をするため、自然と、分け隔てなく平等に接することができます。

部下だからといって、立場をおごることなく、言葉を選んで接するのです。

また、上司に対しても、必要以上にへりくだることなく接するため、どのような立場の人にも信頼され、好印象を持たれやすいでしょう。

6.笑顔コミュニケーション

人は何も考えずにぼーっとしているとき、かなりの確率で仏頂面になっているものです。

常に笑顔でいるのも難しいものですが、せめて誰かと目を合わせているときぐらいは、口角を上げて笑顔でいられるといいですよね。

笑顔を伴うコミュニケーションは、相手の心を開き、温かく穏やかな雰囲気を作るのです。

まとめ

やせ我慢とか気弱なわけでもなく、本当の意味で「物腰の柔らかい人」というのは、人間力の賜物

物腰が柔らかい人は弱い人ではなくONとOFFを使い分け、状況を見て冷静に判断できる強くて優しい人のことです。

ただ単にゆっくりと喋れば物腰が柔らかい人になれるわけではなく、そこには大変な努力が必要だということが分かりました。

だからといって明日からいきなり物腰が柔らかい人になるのは難しいですが、物腰が柔らかい人が実践していることを、どれか一つだけでも取り入れてみるのも面白いのではないでしょうか。

1