1. まとめトップ

ダイエットに良い!? サバの「レシピ」と「栄養」

ダイエットにも良い!? 今が旬のサバレシピと栄養

更新日: 2020年06月29日

3 お気に入り 1807 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinus6_3さん

サバの栄養

サバの主な栄養成分(可食部100gあたり)
ナイアシン・・・11.7mg
ビタミンB12・・・12.9μg
ビタミンB2・・・0.31mg
鉄・・・1.2mg
タンパク質・・・20.6g

【ケンブロキッチン】 ◇SABACHi◇ セブンイレブンで見つけた瞬間 ビビビっと来ました❗ サバは高タンパク低カロリーなので 最強のチップス爆誕かと思い 栄養成分表示確認しました ✅タンパク質4g ✅脂質9.2g ダメですね 捨てます ウソです 美味しく食べました #筋トレ #あじげん #ダイエット pic.twitter.com/SfonRh1RZc

魚好きは、ちょっと得。 青魚のイワシ、サンマ、アジ、サバなどには満腹感を 得やすくするヒスチジンが豊富なので少量でも満足が得られる。 さらにEPAは脂肪燃焼効果を高める良質な脂肪。 魚好きにデブは少ないのかもね。 pic.twitter.com/mcwKklkICr

私は体調が崩れる事が殆どないが、その秘密はサバにあると思う。カップ麺にサバ缶を汁ごとブチ込んで食う事で、ジャンクフードがEPAやDHAを豊富に含んだ完全栄養食となるのだ!健康なものは大抵臭いという地球の真理があるが、この魔法食を机にこぼし、その信頼度は益々高まった。死ぬッ程生臭いのだ!

血流改善による代謝アップ

サバの脂質には不飽和脂肪酸と呼ばれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)がとても多く含まれています。

この両成分には、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、血液を流れやすくすると共に、血栓や動脈硬化が原因の脳梗塞や心筋梗塞を予防します。

消費者庁も認める血中中性脂肪の低下作用

食べ過ぎなどが原因で、食べ物に含まれるエネルギーを消費しきれなかった場合、体の中に溜め込まれることになります。その結果できるのが、中性脂肪です。

消費者庁の報告によれば、DHAやEPAには血中中性脂肪を低下させる作用があるそうです。しかもその働きは、最高ランクのA評価です。

話題になった痩せホルモン GLP-1

鯖がダイエットに効果的と注目されたのは、GLP-1とよばれるホルモンが含まれるから。GLP-1は血糖値を下げる作用があり、「痩せホルモン」と呼ばれることもあります。鯖に含まれるEPAには、GLP-1の分泌を助ける働きがあると期待されています。

レシピ

材 料(2人分)
塩さば半身2枚
*酒小匙2
薄力粉適量
ごま油適量
ピーマン(お好みで)3個
☆ヤマサ 昆布ぽん酢大匙1強
☆おろし生姜(チューブ)1~2cm

材 料(2人分)
鯖の水煮缶1缶(150g)
玉ねぎ1/2個(100g)
生姜※千切り8~10g
〇水大さじ2
〇三温糖(砂糖)小さじ1/2~1
〇味噌20g

本日の秘密基地、ゆりメニューは何度かお出ししているサバとキノコの和風リエットです えむがレシピまで聞いちゃうほど気に入ってくれた一品、ぜひぜひご賞味下さい✨ ちなみに今日の気分で少しピリ辛に仕上げてあります。お酒に合うよ!!! twitter.com/sbp_tokyo/stat… pic.twitter.com/7WJNPQvmc7

材 料(2人分)
サバ味噌煮缶1缶
玉ねぎ(みじん切り)1/2個
パスタ(乾麺)200g
マヨネーズ大さじ1
しょうゆ大さじ1
オリーブオイル小さじ1
青ネギ(小口切り)少々

1 2