1. まとめトップ

コロナ倒産で式場を失ったカップルに教えたい…無料で挙式ができる式場!

コロナの影響で式場が倒産してしまったカップルに朗報。

更新日: 2020年06月29日

1 お気に入り 5337 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新型コロナウイルスの影響で予約していた結婚式場が倒産している

ウエディングビジネスを主軸とした会社で、民事再生へと至った最初のケースがラビアンローゼでした。1981年創業で、ウエディングドレスのレンタルがメイン事業。ドレスショップは本拠地浜松だけでなく、表参道や名古屋、ハワイにまで拡大していました。

宿泊、挙式・宴会、レストランのトリプルパンチを受けるホテルは、特に厳しい戦いを強いられています。

【企業名】        【ブランド・施設名】        【負債総額】
ルミナスクルーズ     ルミナス神戸2           12億4300万円
ラビアンローゼ      ウエディング・セントラルパーク   33億円
人吉観光交通       アンジェリーク平安         7億円
WBFホテル&リゾーツ  ホテルWBF             160億円

タイムラインにも様々な声が上がる

式場倒産の話聞くと、会場なくなるリスクもあるしあまり延期しすぎずにそこそこのタイミングで決行が良いのだろうなぁ・・とも思った。つぶれたら払ったお金回収できないだろうし

着実に結婚式場が倒産していっていて震える………倒産して前金返ってこないとか普通にありそう……

【悲報】コロナウイルスの影響で結婚式を延期したものの挙げる予定だった式場が倒産する

そんな中、式場が倒産して結婚式ができないカップルを支援してくれる存在が

ディライト株式会社は8月31日(月)までの期間、保有する結婚式関連施設10施設で、新型コロナウイルス関連で倒産をした式場で契約をしていたため、結婚式を実施できなくなったカップルに向けて、無料で式場の提供と、プランナーによるサポートを行います。

サポートの具体的な内容としては、挙式のプランニングと、当日の進行で、ゲストの招待も可能です。

倒産した式場と契約していたことを示す資料を見せるなどの条件を満たせば、同社が展開する国内10カ所の式場(東京・大阪・兵庫・奈良など)で無料で挙式できる。ただし披露宴は含まず、自己都合で式をキャンセル・延期したカップルは対象外。

企画の経緯

式場の倒産により、結婚式を諦めざるを得ないカップルがいるという事実を耳にし、結婚式のすばらしさを伝えるべき立場として、出来る限りのことをしたいと考えました。

当社で8月までに予定していた婚礼は、9月以降に日程変更になっているケースが多く、空いている日程を無償提供できるでのではと、今回の企画に至りました。

この施設での挙式が無料? 驚きのクオリティ!!(披露宴は別途料金がかかるようです)

出典dlight.jp

ふたりの想いを自由に描いて
大好きなTHINGSに囲まれる幸福を

出典dlight.jp

中之島のリバーサイドで
つながりを感じるウェディング

出典dlight.jp

樹齢300年の欅が見守る
時をこえた貸し切り邸宅で
おふたりの未来を紡ぐウエディングシーンを

出典dlight.jp

日本で2番目に古い遊園地を
“思い出”に残るブライダル会場に。

出典dlight.jp

世界遺産と大自然に
囲まれたロケーション

出典dlight.jp

365日、「WEEKENDER」になれる
刺激と寛ぎのリゾートハウス

ピアリーも招待状の無償配布などでカップルを支援! ぜひ利用したい!!

1