1. まとめトップ

鉄棒も縄跳びもできない…『運動が苦手な子への医師の助言』に反響

鉄棒も縄跳びも人並みにできない…そんな子供を持つ親が医師に相談した時の解答が話題に。運動ができないことがコンプレックスになりがちな体育の授業の捉え方に様々な声があがりました。

更新日: 2020年07月01日

1 お気に入り 76 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼鉄棒も縄跳びもできない…子供の相談をした時の医師の解答が話題に

娘は鉄棒も縄跳びも全くできません。 先日、小児科発達領域で大変ご高名な医師にそれを聞くと 「鉄棒や縄跳び?必要ありません。あれは『鉄棒や縄跳びができる子が自慢するためだけ』に存在するんです。階段登り下りが出来るようになれば充分。今までの人生で鉄棒や縄跳びが何か役に立ちましたか?」

まぁ励ましの意味も含めて角度つけた言い方をしてくれたんだと思うけど、親としてはホッとするし、ありがたい。感謝だ。。

念のため付け加えときますけど、できるに越したことないんですよ できる子はもちろんすごいし、ちゃんと褒めて、さらに伸ばしてあげればステキだと思うの。 でも、もしうちの娘みたいにぜーんぜん出来なくても、気にしなくていいよ、っていうだけ。 できる子をディスってる訳じゃないからね

▼体育の授業やスポーツの個人差に悩んでいた人は意外と多いのかも

@maruko_no_oyaji 長女が小学生の頃担任に「こんなこともできないの!!」と責められて泣いて帰って来た事が数回ありますね…どう見てもお前も2重跳びなんかできないだろ的なでっぷりな先生だったから尚更悔しさが増しましたね…小学生は先生の言う事が全て、ですから、責めて欲しくはなかったですね…

@cyatubotopakkun 娘さん、それはつらかったですね 先生としては、教科として教えなければならないのかもしれませんが、できる子とできない子がいる、ということは分かってほしいですね

@maruko_no_oyaji ありがとうございます。 言うてもう10年も前の話なんですが、あれは親としても「ないわ〜」って感じで。 指導要領に「ここまでできるように」みたいなのがあるんだろうな、とは思うんですが、そこは本当に個人差をわかって欲しいとこですね

@safefield @maruko_no_oyaji 人権教育とかでよく金子みすゞさんの「みんなちがってみんないい」って詩を使う割には人と違うことを頑なに認めない不思議…

@maruko_no_oyaji はじめまして。私は元々運動が不得意で幼稚園時代は跳箱が飛べないからと言って叩かれたり暗所に閉じ込められたことを筆頭に鉄棒も縄跳びも一切できません。体育教師は男女不問で肉体的精神的見も暴力を振る人しか見たことがないです。今でも体育教師と言うだけで信用できないです。

@maruko_no_oyaji 連投申し訳ありません。 役立ったのは既出ですが歩行と走行及び階段昇降が普通にできる事そして水泳と補助輪なし自転車運転できることだけです。 生きてきた中で鉄棒も縄跳びも一切出来ずともちゃんと日常生活を営めてます。運動が不得意だからと言って心身に暴力を振る体育教師も保育士も大嫌いです

@maruko_no_oyaji 最高です。〇〇ができないって評価を世間体はいっぱいしてくるけど、なんの意味もないもんね!!

@Wicyek28Ekip @maruko_no_oyaji 自分が高校生のときゃ男子生徒全員が大車輪が出来るように、っていうのが、体育の授業カリキュラムだったんだぜ。これからの人生にゃ何の意味もないやん。オリンピック出るわけやないし。

@nori_bomber @maruko_no_oyaji スポーツテスト、懸垂0回で0点で、 懸垂できないと、災害時に助からないのでは……なんて心配しながら太っておりましたが、 それから30年ほど、一度も崖っぷちな状況にはならなかったですね……。 できないよりはできたほうが良いですけども。

@bundoukan サッカーやバスケットは皆と一緒にわーっ!と同じ方向に走ってさえいれば、上手いヤツがボールを勝手に取っていくのでラクだったけど、野球やバレーは自身が一人で対処しなきゃいけない状況(打席や守備、レシーブ等)があるのがイヤだった。ミスすると責め立てられるんだよ。集団球技は嫌いだった。

@maruko_no_oyaji その言葉うちの親にも聞かせたかったです…運動全般苦手でしょっちゅう親に お前は本当ダメだな、本気だせ、誰に似たんだとため息やら鼻で笑われてきました。おかげで体育の時間や運動会が大嫌いになり人前で何かするのも苦手になり大人になって苦労しまくりました

@maruko_no_oyaji 逆上がりもできなかったし、走るの遅かったせいで、体育が大っ嫌いでした。この言葉でやっと救われました。

▼出来ない子がコンプレックスを感じる必要はないという声も

@maruko_no_oyaji 娘が小学校の頃、ソフトボール投げが2メートルで 担任の先生から呼び出しが。うちは家族がサッカーをしているのでボールまず蹴ると思う、というと、それは普通じゃない、腕の力がなさすぎると。 投げ方も教えずに、それで腕の力を確認するやり方が間違ってると思いました・・・

@kororott @maruko_no_oyaji 言われてみれば体育はそれぞれ競技自体は教えるけど 基礎の基礎(走る跳ぶ投げる打つ)は教えないような…

@taki19213 @maruko_no_oyaji 昔々と今は生活環境もその子たちを取り巻く環境も変わって来てるのだから 何十年も前と同じ測定方法では 測りきれないものがあると思っています・・・ 昔は公園でボール投げも出来たけど、今は禁止されてるし 木登りなんて出来るところもないし・・・

@maruko_no_oyaji 我が子も結局、幼稚園からずーっと逆上がりが出来ないまま来てしまったなぁ。 健康だし、それも個性だよね。 ついこの間「アンタ結局逆上がり出来なかったね!」と話したら 「そうそう、無理だったー(笑)」って。 そんな息子も高校生。 もちろん、懸垂も1回も出来ない(笑)

@maruko_no_oyaji やってみた。 苦手分野を発見した。 じゃあ別の分野で得意分野を探そう、で良いと思います。

@maruko_no_oyaji 小中学校で習うことの約9割は、将来直接の役には立ちません。多くの分野を経験することで、ある程度バランスの取れた人間に成長し、そこから役に立つこと、将来につながることを選べば良いのです。特定の技能が出来ないことなど、人間としてのハンディにはなりません。

@maruko_no_oyaji 小2の頃クラスで自分だけ逆上がりができなくてちょっと泣いたのを思い出しました。体育はできる子とできない子の差がはっきり見えてしまうので、できない子には結構しんどいなと思います。 できる子はすごい、でもできなくてもいいって考えがもっと根付いてほしいです。

@bblack_87bh9k @maruko_no_oyaji キューピー体型の私が逆上がりができたの、小4ですよ…放課後の練習に付き合ってくれる気のいい同級生のおかげで…教師も親も役立ちませんでした…。でも、逆上がりできた!と手放しで喜んでくれた級友のありがたさは一生忘れません…彼女が転校した小6の時の悲しみも…。・゚・(ノД`)・゚・。

@maruko_no_oyaji その言葉、わたしも小学生の時に聞きたかったー!!楽しいが嫌いになるには評価や比較があったからなんですよね。 運動機能の発達が遅い娘、6歳にして未だけんけんも縄跳びも鉄棒もできませんが、運動会で嬉しそうに最後まで走ったのを見た時に、感動で涙が出ました。この先ずっと楽しく走って欲しい。

@maruko_no_oyaji 私の知り合いで、尊敬する発達障害研究の国立大学教授は「コミュ力?そんなの全員が持ってる必要ない。余計なお世話!」と一刀両断 誰もが営業社員じゃない。コミュ力の弱い人も取り込んで、みんなの才能を活かして助け合うのが文明社会だと(発達障害を少し知る)私は考えるから、全く同意!

▼その他の話題はこちら

1 2